登録 : 2017.11.04 07:10 修正 : 2017.11.04 08:00

シンガポールCNA放送とのインタビュー 
「日本は北朝鮮の核を口実に軍事大国化してはならない」 
韓米同盟-対中関係のバランス外交を強調

文在寅大統領が3日、大統領府の常春斎でシンガポールのニュース専門英語放送「チャンネルニュースアジア」(CNA)とのインタビューに応じている=大統領府提供//ハンギョレ新聞社
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が3日「北朝鮮の核とミサイル挑発に対応するための韓米日3カ国協力が、軍事同盟レベルに発展することは望ましくない」と話した。さらに、「韓米同盟が何よりも重要だ」と述べながらも「中国との関係を確固たるものにするバランス外交をするつもりだ」とし、中国に積極的な関係改善のシグナルを送った。

 文大統領はこの日、大統領府の常春斎でシンガポールのニュース専門英語放送「チャンネルニュースアジア」(CNA)とのインタビューで「今、北朝鮮の核とミサイル挑発に対応して韓国と米国だけでなく、日本との協力も大変重要になった」とし、「しかし、それが3国の軍事同盟レベルに発展することは望ましくない」と述べた。そして「日本が北朝鮮の核を理由に軍事大国化の道を歩んでいくなら、それもアセアン諸国との関係では望ましいことではないと考える」と付け加えた。

 文大統領はTHAAD(高高度防衛ミサイル)の葛藤を封印し韓中首脳会談を控えている中国には積極的な関係強化のジェスチャーを送った。文大統領は「韓国としては安保では韓米同盟が何よりも重要だ。特に北朝鮮の核問題の解決に向けて、韓国と米国間の協力は何より重要な課題だと思う。米国との外交を重視する伝統的な立場を維持していく必要がある」と述べながらも、「一方では、中国との関係は極めて重要だ」と強調した。さらに、「中国とは経済協力も重要なだけでなく、北朝鮮の核問題の平和的解決に向けた戦略的協力レベルでも関係がとても重要になった」とし、「米国との外交を重視しながらも、中国との関係もさらに確固たるものに作るバランス外交をするつもりだ」と話した。

 北朝鮮核の解決に向けた中国の役割も持ち上げた。文大統領は、北朝鮮の6回目の核実験に対応して9月の国連安全保障理事会が対北朝鮮制裁決議2375号を採択したことに言及し、「その相当部分は中国が履行しなければならない部分であるが、中国は誠実に履行する努力をしている。それが北朝鮮核問題の解決に大きな助けになっている」とし、「韓国と中国は緊密に協力し、北朝鮮が対話の場に出てくることができるよう、共に努力していくだろう」と話した。文大統領のこのような発言は、韓米、韓中首脳会談を控え、韓米日安保協力を強調する米国をさりげなくけん制しながら、中国に向けては積極的な関係改善の意思を表したものとみられる。大統領府関係者は「韓中関係が進展しつつある時点で、中国には役割を強調し、北朝鮮の核問題の解決に誠実な態度を見せてほしいと圧迫する意味があり、米国には韓米日安保協力が軍事同盟レベルまで達することには反対するというメッセージを送った」と話した。

ソン・ヨンチョル記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
韓国語原文入力:2017-11-03 22:29修正:2017-11-03 23:56
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/817434.html 訳M.C(1430字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue