登録 : 2017.08.28 23:45 修正 : 2017.08.29 08:09

第2付属室共有フォルダから発見… 
電子書類の発見は初めて 
大統領府「ブラックリストなど国政壟断の内容を含む」 
“ドアノブ3人衆”のアン・ボングン勤務時期の 
2013から2015年に作成 
国務会議資料や文書資料など9300件あまり

大統領府の国政記録秘書官室関係者が7月14日、大統領府の国民請願室で大統領記録館関係者に会い、1週間前に大統領府民政首席室で発見された前政権の記録物を移管する手続きを踏んでいる=大統領府提供//ハンギョレ新聞社
 朴槿恵(パク・クネ)政府時代「ドアノブ3人衆」の一人だったアン・ボングン元秘書官が率いた第2付属室の共有フォルダから、前政府関連文書ファイルが9000件以上発見された。以前「キャビネット文書」などの文書が出てきたことはあるが、電子書類が発見されたのは今回が初めてだ。第2付属室は国政壟断の「主犯」であるチェ・スンシル氏を事実上「随行」した所として知られており、これと関連してさらに具体的な内容が含まれているかどうかが注目される。

 パク・スヒョン大統領府報道官は28日、春秋館でブリーフィングを通じて、8月10日に第2付属室が使用していた共有フォルダから数千件の前政府の文書ファイルが発見された」と明らかにした。ファイルの作成時点はアン・ボングン元秘書官が第2付属室長として勤務した2013年から2015年1月までで、「ハングル(hwp)」などの文書ファイル形式であり、国務会議292件、大統領主宰の首席秘書官会議221件、秘書室長主宰の主席秘書官会議202件その他会議資料や文書ファイルなど、計9308件だ。パク・スヒョン報道官は「一部の文書ファイルには文化界ブラックリストなど国政壟断の内容が含まれている」と明らかにした。

 大統領府側はこの文書ファイルを各秘書室別に作り使っている共有フォルダから見つけたと明らかにした。発見が遅れた理由について、パク・スヒョン報道官は「2015年1月23日の大統領府の人事当時、第2付属室が廃止され、この共有フォルダが使用されずに放置されていた」と説明した。大統領府は秘書室別に、TF別に、個人別に共有フォルダを作り、ファイルを生産し保管した。大統領府は5月の政府発足後、大統領府のシステム資料と個人用コンピューター資料を調べたが、主に職員の個人写真や行政文書の書式、参考資料、職員個人の資料が入っていたとしている。とりわけ前政府秘書室は大統領府のシステムと個人のコンピューターにある資料を削除した状態だった。

 パク・スヒョン報道官は「だが、共有フォルダは前政権から勤務していた一部の職員たちが新政府発足以降に勤務しながら参考および活用のため、継続して保管してきた」とし、「共有フォルダは、当該秘書官室でのみアクセスできるように設定されていた」と付け加えた。さらに「このような理由で、8月10日に問題の文書ファイルを発見する前までは、大統領記録物とは無縁だと考え注目しなかった」と説明した。

 そして10日、第2付属室の職員がスキャナーをつなぐためにパソコンの設定作業をした際に、第2付属室の共有フォルダを発見した。フォルダの名前は「第2付属秘書官室」で、その中に「その他状況」フォルダがあり、その下位フォルダの「会議資料」に関連文書があったという。

 パク・スヒョン報道官はまた、「今回のファイルは総量があまりに多く、大統領記録物に間違いないか検討に相当の時間がかかった」とし、発表が遅れた理由を説明した。また、「電子記録物の場合は、前政権ですべて移管手続きを終了した状況であるため、今回発見された記録物が残っているとは思わなかった」と話した。

 大統領府はこれらの文書ファイルも今後大統領記録館に移管すると明らかにした。この日、大統領記録館の職員が大統領府を訪問し、大統領記録物に該当するか否かを検討し、該当する場合はどのような手続きで移管しなければならないか協議を進めることにした。特に、大統領府は「第2付属室ファイルなど現在捜査や裁判が進行中の事案と関連したファイルは、関連機関の要求がある場合に提出する予定」と付け加えた。

 大統領府はまた、第2付属室以外の秘書官室の共有フォルダーについても確認作業に取りかかった。しかし、以前のキャビネット文書とは異なり「共有フォルダのファイルの場合、分量が膨大で現政権で生産されたファイルも混じっているため、前政府の文書だけを別途選び出すのに2週間以上かかりそうだ」というのが大統領府の説明だ。

チョン・ユギョン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-08-28 16:40
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/808587.html 訳M.C(2022字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue