登録 : 2017.06.25 00:29 修正 : 2017.06.26 07:02

THAAD反対集会、24日午後ソウル都心で開催 
警察は集会統制より円滑な集会開催を保障

「THAAD韓国配備阻止全国行動」の主催で、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反対する大規模集会と行進が行われた24日午後、ソウル鍾路区の駐韓米国大使館を星州地域の住民と市民が取り囲みTHAADの撤収を要求している=キム・ソングァン記者//ハンギョレ新聞社

 ソウルの都心でTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反対する大規模集会と行進が24日開かれた。市民はソウル光化門(クァンファムン)のアメリカ大使館周辺を行進の隊列で取り囲む「人間の鎖」行事を行い、警察も柔軟な対応で市民の遵法デモを保障した。

 弱い雨が降る悪天候の中でも全国から集まった市民約3000人はこの日午後4時、ソウル中区(チュング)のソウル広場に集まり「THAAD撤回平和行動」集会を開き、文在寅(ムン・ジェイン)政府にTHAAD工事の中断などを求めた。この日発言に立ったパク・ソグン韓国進歩連帯常任代表は「米国や日本を防御するためになぜ朝鮮半島が火だるまになる必要があるのか。韓国へのTHAAD配備は百害あって一利もない。THAADを慌てて搬入する過程で、一切の法的手続きや社会公論化もなかった。間もなく開かれる韓米首脳会談で、文在寅大統領はTHAAD配備を撤回させなければならない」と主張した。

THAAD韓国配備阻止全国行動の主催でTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反対する大規模集会と行進が開かれた24日午後、ソウル鍾路区の駐韓アメリカ大使観を星州地域の住民や市民が取り囲み、THAADの撤収を要求している=キム・ソングァン記者//ハンギョレ新聞社

 この日の集会は、アメリカ大使館を人間の鎖で取り囲む行事が初めて合法的に行われ、関心を集めた。これまでアメリカ大使館前での集会は、警察が韓国国内にある大使館から半径100メートル以内での集会を禁止できるよう定めた集会及び示威に関する法律(集示法)11条4項を根拠に通常禁止してきた。しかし、昨年12月市民団体(平和と統一を開く人々)がソウル鍾路警察署を相手に提起したアメリカ大使館前での集会禁止通告処分取り消し訴訟で、裁判所が市民団体の手を挙げ、今回も裁判所が警察の集会禁止通告を取り消しさせたことでアメリカ大使館前での集会が合法的に開かれることになった。ソウル行政裁判所は23日「集示法11条4項は、外交機関の機能や安寧を侵害する憂慮がないと認められる時には許されると例外規定を設けている」として、THAAD韓国配備阻止全国行動が出した執行停止申請を一部受け入れた。

 この日警察は、万一の状況に備えて、59個中隊4700人の警察力を配置したが、過去とは異なり集会を統制するよりは集会と行進が円滑に進行されるよう保障する役割に忠実だった。交通機動警察は、集会参加者が円滑に道路を行進できるように車両を統制し、無線機を持った指揮官は交通警察が行進隊列の前を遮らないよう忙しく飛び回っていた。集会隊列の前には「交通」と書かれた薄緑色のチョッキを着た交通警察官が配置され、集会を統制する機動隊所属の警察部隊はできるだけ目につかないよう光化門の路地のあちこちで待機していた。

 行進を共にした参与連帯のアン・ジンゴル事務局長は「警察の車壁と放水銃の姿がなく、行進を助ける交通警察官だけが見えたので、市民も警察から威圧感を感じずに平和にデモを楽しんでいた感じだ」と話した。

 午後5時にソウル広場を出発した3000人あまりのデモ隊は、世宗大路(セジョンデロ)交差点を通り、鍾閣(チョンガク)駅交差点を経て鍾路(チョンノ)消防署の近隣へ行進した。午後6時30分頃、参加者はアメリカ大使館の周辺に到着した。行進隊列の前でトラック上からマイクで集会を主導していたある参加者が「皆さん、私たちは史上初めてアメリカ大使館全体を取り囲みます」と大きな声を張り上げると、デモ隊は歓声をあげたりラッパを吹いて歓呼した。

 デモ隊は、裁判所が行進を許可した20分間「THAADは出て行き平和よ来い」、「トランプ糾弾」などのスローガンを叫び、アメリカ大使館の周辺を二回り回った。光化門広場に集まった市民と外国人観光客は、アメリカ大使館前の道路を埋め尽くした「THAAD反対プラカード」を珍しそうに写真を撮っていた。

 アメリカ大使館前で人間の鎖作り行事が行われたのは、2002年12月のヒョスン・ミソン追悼ろうそく集会の時に警察の壁を突き抜けた市民が大使館前道路を不法占拠して実施して以来初めての出来事だ。警察はこの日、アメリカ大使館前の2車線道路前にポリスラインを設置して、警察バス6台を動員して簡易車壁を作っただけで、集会の邪魔になる行動は一切しなかった。盾を持った機動隊の一部は、アメリカ大使館前の歩道に集まって待機し、万一の突発事態に備えた。参加した市民たちはこの日午後6時50分頃に自主解散した。

 集会に参加した「慶南民衆の夢」のイ・ジョンヒ代表(57)は「アメリカ大使館前はデモができないダブー視された領域のような所だったが、今日のように普通に集会ができるようになり夢のようだ。私たちがアメリカの前で堂々としていられたようで、歴史が一歩進んだ感じだ」と話した。

THAAD韓国配備阻止全国行動の主催でTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反対する大規模集会が開かれた24日午後、ソウル鍾路区の駐韓アメリカ大使館に向けて星州地域の住民と市民が行進し、THAAD撤収を要求するスローガンを叫んでいる=キム・ソングァン記者//ハンギョレ新聞社

ホ・ジェヒョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-06-24 23:19
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/800090.html 訳J.S(2487字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue