登録 : 2016.11.09 00:46 修正 : 2016.11.09 07:50

19~20日、ペルーのリマで第24回APEC首脳会議 
韓国大統領がAPEC首脳会議に欠席するのは1993年以来初めて 
退任控えた黄教安首相が代理出席…「意味のある外交不可能」見通し

朴槿恵大統領が今月8日午前、チョン・セギュン国会議長と政局の打開策を話し合うため国会本館に入ると、シム・サンジョン正義党代表(右)など野党議員が「大統領下野」と書かれたピケットを持ってデモをしている=国会写真記者団//ハンギョレ新聞社
 朴槿恵(パク・クネ)大統領が今月19~20日、ペルーのリマで開かれる第24回アジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議に出席しないと、政府が発表した。韓国大統領がAPEC首脳会議に欠席するのは、1993年米シアトルで開かれた第1回会議以来、初めてのことだ。「朴槿恵・チェスンシル波紋」で支持率が歴代大統領の最低値である5%に落ち込んで、朴大統領の権威と信頼が墜落した影響が、内政を越えて外交安保分野にまで拡大するのではないかという懸念の声もあがっている。

 チョ・ジュンヒョク外交部報道官は8日午後、政府ソウル庁舎別館(外交部庁舎)で行われた内信・外信定例ブリーフィングで、「北朝鮮の5回目の核実験など、朝鮮半島の安保状況の重大性を考慮し、今年のAPEC首脳会議には大統領が出席しないことを、9月にすでに決定済みだった」と明らかにした。

 APEC首脳会議には、朴大統領の代わりに黄教安(ファン・ギョアン)首相が出席するが、黄首相は主要国の首脳と肩を並べるには格が低い上、退任を控えた「時限付き首相」であることから、意味のある外交活動を行うことはできないと見られている。

 APEC首脳会議は、年末の最大規模の国際外交イベントで、バラク・オバマ米大統領、中国の習近平国家主席、日本の安倍晋三首相、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領など、主要国首脳らは早くから出席を確定し、様々な2国間・多国間の首脳外交日程を調整している。

イ・ジェフン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2016-11-08 21:06
http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/769410.html 訳H.J(859字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue