登録 : 2016.03.25 02:37 修正 : 2016.03.25 07:20

英紙ガーディアンが選定 
データの開放、超高速ブロードバンド

ガーディアンが選んだ持続可能な世界7大都市にソウルも//ハンギョレ新聞社
 ソウル市が英有力紙ガーディアンが選ぶ「最高の持続可能な都市」7カ所に名を連ねた。

 ガーディアンは、世界で最大規模の環境イベントとされる「アースアワー」を迎え、20日にインターネット版を通じて「最高の持続可能な都市」にソウルと共にドイツのハンブルグ、ノルウェーのオスロ、コロンビアのボゴタ、フィンランドのヘルシンキ、イタリアのミラノ、ブラジルのサンパウロなど7都市を選定しだと24日、ソウル市が明らかにした。

http://www.theguardian.com/sustainable-business/gallery/2016/mar/20/hamburg-coffee-pod-ban-bogota-buses-sustainable-cities-in-pictures

 アースアワーは世界自然基金(WWF)のグローバル環境保護運動で、毎年3月第3週の土曜日の夜8時30分から1時間、照明を消し、気候変動に対応するためのキャンペーンだ。

ガーディアンが選んだ持続可能な世界7大都市の関連記事のキャプチャー//ハンギョレ新聞社

 ガーディアンはソウルについて、「データ開放の先駆都市で、世界で最も速い超高速ブロードバンドを誇る都市」と紹介した。また、ガーディアンは2017年までに、バスと地下鉄を含む公共エリア全域に無料Wi-Fiを提供するという内容と共に、ユーザーと共有サービスを接続して共有企業を支援するソウル市のオンライン・プラットフォーム「共有ハブ」を紹介した。

 これに先立ちガーディアンは、昨年6月にも「市民の生活を変える革新的な市長たち」という見出しの記事で、米国のニューヨーク、フランスのパリ、ドイツのベルリンと共にソウルを代表的な「革新都市」に挙げた。

ウム・ソンウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-03-24 21:54

http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/736805.html訳H.J

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue