登録 : 2015.09.08 22:43 修正 : 2015.09.09 06:45

 シン・ギョンミン議員がチーム長を務め…
 ソウル市地方区議員・市会議員らが参加
 国政監査時、セヌリ党の攻勢を遮断…
 虚偽事実流布には法的対応

パク・ウォンスン・ソウル市長が民選6期1周年を迎えた7月、ソウル市庁で記者懇談会をしている //ハンギョレ新聞社

 セヌリ党ソウル市党が「来年の総選挙はパク・ウォンスン(ソウル)市長との戦い」と公開的に明らかにした中で、新政治民主連合が“パク・ウォンスン守り”に乗り出した。来年の総選挙を控えて最近パク市長の息子の兵役疑惑が再び提起されるなど、パク市長の揺さぶりが始まったと見て、党次元で積極的に対応するということだ。

 新政治民主連合ソウル市党は8日、「パク・ウォンスン守り特別対応チーム」を本格稼動すると明らかにした。 特別対応チームはシン・ギョンミン ソウル市党委員長がチーム長を務め、パク・ホングン議員などソウルを地方区とする国会議員8人とソウル市議会議員3人で構成される。

 新政治民主連合ソウル市党関係者は「セヌリ党ソウル市党が最近『来年の総選挙はパク・ウォンスン ソウル市長との戦いになる』という声明を出すなど、パク市長を正面から狙っている。これはソウル市民と国民の信頼を受けているパク市長をこき下ろして来年の総選挙を有利に導いていこうという意図から出たもの」と話した。 この関係者は「パク市長揺さぶりの被害は結局ソウル市民にそっくり返ることになる」と指摘した。

 新政治民主連合はまず10日から始まる国政監査でパク市長に対するセヌリ党の攻勢を遮断する計画だ。 また、党の法律委員会などを中心にパク市長に対する虚偽事実流布と名誉毀損などに対しては法的対応に出る方針だ。 これと共にSNSを通じて“パク・ウォンスンの真実広報”も進める予定だ。

 これに先立って、セヌリ党ソウル市党の委員長であるキム・ヨンテ議員(ソウル陽川乙選挙区)は先月31日、「パク市長が在任した4年間、ソウルはどん底まで活力が落ちた」として「ソウルにおける来年の総選挙はパク・ウォンスン市長との戦い」と非難する声明を出し、ソウル市党を“戦闘体制”に切り替えた。 セヌリ党はパク市長に対応する構図を作る次元で、ソウル市地方区の二選以上の現役議員全員に市党の主な党職と役割を付与した。

イ・スンジュン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-09-08 18:28
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/707946.html 訳J.S(1118字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue