登録 : 2015.07.23 00:13 修正 : 2015.07.23 06:54

23日に開城で実務接触

南北準備委は6・15共同宣言発表15周年民族共同行事を行うため、5月に中国・瀋陽で5年ぶりに事前接触をしたが、南北当局の開催地などを巡る葛藤で実現しなかった=資料写真//ハンギョレ新聞社
 韓国政府が南北の民間団体による光復(解放)70周年8・15南北共同行事のための事前接触を承認した。

 統一部当局者は22日、「明日(23日)に予定された8・15共同行事を議論するための南北民間団体の事前接触を承認した」と明らかにした。 これに先立って韓国側の「光復(解放)70周年、6・15共同宣言15周年民族共同行事準備委員会」(以下、南側準備委)は6日、北側に8・15共同行事を議論するために開城(ケソン)で会おうと提案し、北朝鮮側は20日これに呼応していた。

 これに伴い、23日に開城で南北実務接触が行われることになった。南側準備委関係者は「光復(解放)70年行事がどちらか一方の一方的な行事になるのではなく、南北共同行事にならなければならない。 そのような趣旨に合わせて、当初我々が計画したとおり、我々が北に上り、北も南に降りてくる、そのような方案を提起しようと思う」と明らかにした。

 今回の8・15南北共同行事が実現すれば、2005年にソウルで開かれて以来10年ぶりに8・15共同行事が開催されることになる。 しかし、南北は今年5月に6・15共同行事ソウル開催に暫定合意したが、8・15共同行事の開催場所などを巡る論議の末に失敗に終わったことがあるので、まだ開催有無を速断することはできない。

パク・ビョンス先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-22 15:20
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/701302.html 訳J.S(709字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue