登録 : 2013.08.27 20:59 修正 : 2013.08.28 06:36

小児薬支援のために平壌(ピョンヤン)に行ってきたオ・ギヒョンSBSディレクター

KBS放送画面キャプチャー

歌手7人・演奏者11人で構成
破格的衣装・舞台マナー 大人気
"南側アイドルとの合同公演 推進"

 「平壌(ピョンヤン)の牡丹峰(モランボン)楽団は金正恩体制変化のアイコンです。」 去る光復節前後に5年ぶりに北韓に行ってきたオ・ギヒョン(下写真) SBSディレクターは23日、牡丹峰楽団を通じて変わった北韓の姿を伝えた。

 韓国ディレクター連合会統一特別委員会委員長であるオ ディレクターは1999年<チョ・ギョンチョル博士の52年ぶりの帰郷>製作取材のために北韓を訪問して以来、20回余り北韓に行ってきた北韓通言論人だ。 今度は小児医薬品支援本部の理事資格で北韓に行ってきた。

 「平壌に行く高麗航空で牡丹峰楽団のミュージックビデオを見ました。 ‘フニクリフニクラ’、‘オー! ダニーボーイ’と演奏が続くが、音楽のテンポが速くなると若い北韓の観客たちは舞台の前に飛び出して踊り、興に乗って手を高く上げ、左右に体を揺する中年の姿も目につきます。 行く先々で牡丹峰楽団の話を聞くほどに、北韓住民たちにとって彼女たちの人気が高いようです。」

 牡丹峰楽団は歌手7人と11人の演奏者で構成された北韓版ガールグループだ。 金正恩委員長の指示で昨年初めから活動を始めた。 破格的な衣装と躍動的身振りなど資本主義スタイルで北韓内外で大きな関心を呼び起こした。 北韓住民たちは彼女たちの公演が朝鮮中央テレビに中継されると言えば、平壌の市場では‘今日は店を閉めて家に帰ってテレビを見よう’と言うほどだよ。

 「北韓住民たちは楽団のリーダーであるパイオリニスト‘ソン・ウヒャン’を最高スターと感じています。 いわゆる北韓のアイドルですね。」 以前は‘口笛’を歌ったチョン・ヘヨンとか‘パンガプスムニダ(うれしいです)’のイ・ギョンスクなどの歌手が最高人気だったが、その時とは違う様相だ。 オ ディレクターは「歌手でもない演奏者がスターに浮上したことが異例的だが、洗練された舞台マナーや化粧法、ファッション、装身具などが既存のスタイルと違い西欧的なので好奇心を掻き立てたと見られる」と話した。 北韓当局は牡丹峰楽団を通じて変化を予告し、住民たちも彼女たちを通じて新しい時代が開かれることを感知しているとオ ディレクターは伝えた。 金委員長の自由奔放な現地指導の姿と夫人のリ・ソルチュの親しみやすい行動がこのような住民たちの期待を確かにしたのだ。

小児薬支援のために平壌(ピョンヤン)に行ってきたオ・ギヒョンSBSディレクター

 公演団の登場だけでなく公演方式が変わった点も注目を引いたという。 「北韓はこの間、劇場公演だけ固守して来ました。 立体的舞台の設置ではるかに大きな感動を与えられる体育館公演を提案すれば‘体育館は競技をする所’と否定しました。 2005年チョ・ヨンピルの平壌公演時も最初は柳京鄭周永体育館で行なうことに反対しました。 今は牡丹峰楽団の公演も体育館で行ないます。」 彼は放送会社が主催したイ・ミジャ、ユン・トヒョン バンドなど北韓訪問公演に対して批判的見解もあったが、大衆文化交流が南北韓の情緒的交感と疎通に寄与したと見る。「節制と格式を重視する北韓でも南側の公演を見て自然に影響を受けたのだろう」としながら、ギャップが大きかった南北韓の公演方式が互いに近接したという事実を幸いに思った。 彼は「真の統一が文化的統合ならば、文化交流を通した南北韓大衆の情緒的共感形成は統一のために非常に有用な処理方式」と明らかにした。 彼は今後‘牡丹峰楽団’と‘ビースト’の合同公演を企画してみたいと話した。

ムン・ヒョンスク先任記者 hyunsm@hani.co.kr

韓国語原文入力:2013/08/27 18:28
http://www.hani.co.kr/arti/society/media/601033.html 訳J.S(1711字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue