登録 : 2016.10.31 01:30 修正 : 2016.10.31 06:57

主要外信「チェ・スンシル波紋」「朴槿恵退陣デモ」に注目 
「公職者ではない側近の国政介入に大統領職が破綻」 
「来年大統領選挙控えて朴大統領のレームダックが加速化」 
「チェ氏は『操り人形使い』であり本物の権力」

29日午後、ソウル鍾路区清渓広場で民衆総決起闘争本部主催「集まろう! 怒ろう! #降りてこい朴槿恵!市民キャンドル集会」を終えた市民らが光化門の世宗大王銅像付近で警察と対峙している=キム・ボンギュ先任記者//ハンギョレ新聞社
 

 世界の主要メディアが朴槿恵(パク・クネ)政権に対するチェ・スンシル氏の国政介入と、それ対する韓国人の怒りをソウル発の緊急ニュースとして集中報道している。

 「AFP」通信は30日午前、チェ・スンシル氏が捜査を受けるとして、英国から急きょ帰国したことをリアルタイムで報じた。同通信はチェ・スンシル氏を「韓国の『女性ラスプーチン』」と表現し、「朴槿恵大統領を窮地に追いやったおぞましい政治スキャンダルの核心であるチェ氏が、国政介入に関する調査を受けるために帰国した」と伝えた。ラスプーチン(1869~1916)は、帝政ロシア末期の破戒聖職者であり、ニコライ2世を操り、暴政を布いた。AFP通信は「何の公職にも付かず、保安統制も受けていない大統領の側近人物であるチェ氏の国政介入が暴露されたことで、朴槿恵政権は任期終了を約1年残して大統領としての職(務遂行)が破綻した」と報じた。

 「AP」通信は「週末の29日夜、数千人の市民がソウルの街頭に出て、大統領の退陣を要求した」と打電した。AP通信は「キャンドルを手にした市民が、『誰が本物の大統領なのか』、『朴槿恵退陣』などのスローガンが書かれた手立て札を持って集会に参加した」とし、「ここ数カ月間ソウルで開かれた反政府集会の中で最も大きな規模」だと報じた。同通信はまた、「イ・ジェミョン城南(ソンナム)市長が集会に参加し、『朴槿恵は、大統領としての権威を喪失しており、国を統治する基本資質がないことが明らかになった』と話した」と伝えると共に、「来年の大統領選挙を控え、朴槿恵大統領のレームダックが加速化する可能性がある」と分析した。

日本のメディアが30日、一斉に「チェ・スンシル疑惑」を詳しく報道し、「朴政権が最大の危機を迎えた」と伝えた/聯合ニュース

 「ロイター」通信も「大統領の友人が国政に不適切な影響力行使したという疑惑をめぐり危機が深化している中、29日、数千人の市民が朴槿恵大統領の退陣を要求するデモを繰り広げた」と伝えた。同通信は「怒った市民たちは『朴槿恵大統領が公共の信頼を裏切り、国政運営を誤り、国を率いる権限を失った』と話している」と報じた。

 英国の「BBC」放送も29日「韓国検察がチェ・スンシル氏と共謀の疑いがある朴槿恵大統領の秘書陣と側近の自宅と事務室を家宅捜索し、コンピューターと資料を確保した」と伝えた。同放送は29日午後、ソウル都心で開かれた大規模反政府集会の現場写真と内容も詳しく報じた。

 米国の公営放送である「NPR」は29日、「シャーマニズム的な崇拝に関連したスキャンダルの渦が韓国の大統領を脅かす」いう見出しの記事で、「週末にソウルをはじめ韓国の主要都市で数万人の市民が朴槿恵の退陣を要求するデモを繰り広げた」としたうえで、「朴槿恵大統領の支持率が前例なく低い14%を記録し、朴大統領は秘書陣10人全員の辞表提出を指示した」事実も伝えた。同放送は特に「選出されたことも、任命されたこともない側近(チェ・スンシル氏)が大統領の多くの演説文をあらかじめ受け取り、手を加えたという暴露は、チェ氏が秘密の『操り人形使い』であり王冠の後ろの権力という疑いにつながった」と報じた。

 米国の「ワシントンポスト」は「故チェ・テミン氏が『韓国のラスプーチン』と呼ばれている』という、過去の駐韓米国大使館の報告を取り上げた。また、英国の「フィナンシャル・タイムズ」は「チェ・スンシル氏と朴大統領の神霊的な関係を指摘した報道を見て、多くの韓国国民は大統領が『藪医者』(quack)から影響を受けたと信じている」として朴大統領のレームダックの加速化を予測した。

29日午後、ソウル鍾路区の清渓広場で民衆総決起闘争本部主催で「集まろう! 怒ろう! #降りてこい朴槿恵!市民キャンドル集会」に先立ち、操り人形の行為劇をしている=キム・ポンギュ先任記者//ハンギョレ新聞社

 日本政府とメディアは、今回の事態が日本軍「慰安婦」問題に対する12・28合意にまで影響を及ぼすことに神経をとがらせながら、韓国の政局の流れを注視している。「時事通信」は「朴大統領が求心力を失っているため、韓日関係は足踏み状態につながる可能性があるという見方もある」と指摘した。「NHK」放送と「共同通信」も29日、大規模な抗議集会とその背景を詳しく報道し、「朴槿恵政権は重大な危機を迎えた」と指摘した。「読売新聞」も30日付1面と国際面を割いて、チェ・スンシル氏をめぐる疑惑を大きく報道した。

 「毎日新聞」は30日付で、安倍晋三首相の側近の話を引用して「朴大統領は、有言実行で信用できる政治家だ。彼女のピンチは非常に残念だ」という首相官邸の立場を伝えた。同紙はまた、外務省内部でも「朴政権が続く限り慰安婦合意を履行してくれるだろう。何とか乗り切ってもらいたい」という反応を示していると報じた。

チョ・イルジュン記者、東京/キル・ユンヒョン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2016-10-30 13:25
http://www.hani.co.kr/arti/international/international_general/767961.html 訳H.J(2515字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue