登録 : 2017.03.21 23:43 修正 : 2017.03.22 07:35

2178.38で取引終え…取引中2180超えも 
2011年の史上最高値2228.96までの差はわずか50 
サムスン電子、212万8千ウォンで史上最高値 
半導体実績の期待に、早期大統領選挙の期待感が作用

コスピが21.37ポイント上がった2178.38で年中最高値を記録した21日午後、ソウル中区乙支路KEBのハナ銀行本店のディーリングルームで、ディーラーたちが仕事をしている/聯合ニュース
 外国人投資者たちが最近、韓国の株式を大量に買い入れ、韓国総合株価指数(コスピ)が21日、5年8ヵ月ぶりに最高値を記録した。サムスン電子など半導体業種を中心に実績の期待感が大きい上、大統領弾劾政局、米国の基準金利の引上げなど内外の不確実性が緩和されている点が肯定的に作用したものとみられる。

 この日のコスピ指数は21.37(0.99%)上がった2178.38で取引を終え、2011年7月8日(2180.35)以降最高値を記録した。取引中には2180を超えもした。史上最高記録である2011年5月2日指数(2228.96)までわずか50.58を残し、史上最高値を更新するかどうかも関心を引いている。

 サムスン電子が1.58%(3万3000ウォン)上がった212万8000ウォン(約21万円)で史上最高値をまた更新し、現代自動車(8.63%)やネイバー(6.48%)など、時価総額上位企業の株価が急騰した。外国人はこの日の有価証券市場で3615億ウォン(358億円)の株式を買入れ、指数を引き上げた。外国人は先月には3136億ウォン(310億円)の買い越しにとどまったが、今月に入って3兆5460億ウォン(3511億円)分の株式を買い集めている。これによって、今年に入って3カ月もたたずに外国人の買い越し規模は5兆5000億ウォン(5450億円)に上る。

 外国人たちが韓国株を大量に買い入れる理由は、今後サムスン電子など企業の業績が上がると見ている上に、新政権発足に対する期待感が作用したものと解釈される。サムスン電子の半導体部門が昨年第4四半期に史上最高実績を収めたことに続き、今年上半期も半導体市況は好調と予想される。輸出実績が最近改善されているのも肯定的な要因だ。10日、憲法裁判所の朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免判決が下された後、国際信用評価機関とグローバル投資銀行(IB)らの韓国市場に対する見方はかなり肯定的に変わった。早期の大統領選挙で国政の空白を最小化し、次期政府が果敢な景気のてこ入れに取り組むだろうと期待しているからだ。

 米基準金利引き上げの前後にむしろ強気が続いたウォン貨の価値は、この日一息ついた。ソウル外国為替市場でウォン・ドル相場はドル当たり0.2ウォン上がった1120.30ウォンで取引を終えた。ウォン・ドル相場は4取引日間で28.7ウォンも下落したが、ウォン高は為替差益を狙う外国人資金を国内証券市場に引き込む可能性がある。

ハン・グァンドク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-03-21 21:20
http://www.hani.co.kr/arti/economy/finance/787413.html 訳M.C(1376字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue