登録 : 2016.05.27 00:51 修正 : 2016.05.27 10:47

カカオが1230万円で最高 
大企業は626万円…中企業は392万円

2000大企業(売上高基準)社員の平均年収の分布//ハンギョレ新聞社
 2000大企業(売上高基準)社員の昨年の平均年俸は4730万ウォン(440万円)と調査された。平均年棒が1億ウォン以上の企業は14社で、モバイルメッセンジャー「カカオトーク」で有名なカカオが1億3200万ウォン(1230万円)で最も高かった。

 「韓国2万企業研究所」(所長オ・イルソン)は26日、2000大企業(事業報告書提出企業基準)の最近2年間の社員平均報酬(税引き前)を分析した報告書を出した。最下位2000番目の企業の年間売上高が15億ウォン水準なので、2000大企業といえば、それなりの企業はほとんど網羅していると見られる。

 昨年の平均年俸は4730万ウォンで2014年より230万ウォン増えた。年俸水準別分布は、4千万ウォン台が29.9%で最も多い。次いで3千万ウォン台が27.5%、5千万ウォン台が16.1%の順だ。6千万ウォン台(8.2%)と3千万ウォン未満(8.1%)の比率は同等だった。1億ウォン(931万円)以上の企業は14社で0.7%にとどまった。7千万ウォン以上1億ウォン未満は9.4%だった。

 カカオに次いで年収が高い企業は、コスダック上場企業のメジオン(1億2930万ウォン)、ヒューマックスホールディングス(1億2510万ウォン)。昨年中国が経営権を買収したエンターテインメント企業のチョロクベム(緑蛇)は1億990万ウォンで4番目に高かった。チョロクベム社員の年収は1年間で2.5倍に上がった。オ・イルソン所長は「資金が潤沢な中国企業が、高い年俸で優秀な人材を引き抜こうと戦略のようだ」と解釈した。年収5~7位は、大韓油化、麗川NCC、韓火トータルなど化学業界が占めた。放送会社のSBSが1億200万ウォンでマスコミ界ではトップだった。サムスン電子とSKテレコム(SKT)は1億100万ウォンで共同10位だ。

 全体的には売上高が大きいほど社員の年収も高いことが分かった。売上高1千億ウォン(約93億円)未満の中小企業の平均年収は4210万ウォン(392万円)で、売上高1兆ウォン以上の大企業平均年収(6720万ウォン)の62.6%だった。

クァク・ジョンス先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-05-26 21:21
http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/745531.html 訳J.S(1117字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue