登録 : 2016.05.26 08:44 修正 : 2016.05.26 09:49

中国のファーウェイ(華為技術)が、サムスン電子に対し中国と米国で特許権侵害訴訟を起こした//ンギョレ新聞社
LTE標準関連で中国と米国の裁判所で訴え
「技術を無断使用して数十億ドルの収益」

サムスン電子「内容を検討して対応」
技術誇示・シェア拡大の思惑との分析も

 世界3位のスマートフォン製造会社、中国のファーウェイ(華為技術)が、サムスン電子に対し中国と米国で特許権侵害訴訟を起こした。業界1位のサムスン電子が、後発走者の中国企業から「通信技術を無断で使用した」として訴訟を起こされたのは今回が初めてだ。サムスン電子が“対抗”を言及するなか、急成長するファーウェイが訴訟を起こした背景をめぐり様々な憶測が広がっている。

 25日、サムスン電子などによると、ファーウェイは24日(現地時間)、本社がある中国・深センの人民裁判所と米サンフランシスコ連邦地方裁判所に、サムスン電子が自社の4世代移動通信(LTE)の標準関連特許を侵害したとする内容の訴訟を起こした。米裁判所に出した訴状でファーウェイは「サムスン電子は自社の11種類の特許権を無断で使用してきた。サムスンと系列会社はファーウェイの技術を利用して作った製品で数十億ドルの収益を得た」と主張した。

 ファーウェイが侵害と主張する特許の内容は、ほとんどがLTEの技術適用に必要なデータ伝送と各種処理技術。ファーウェイは、ギャラクシーS2から最近出たギャラクシーS7エッジ、ギャラクシーノートからノート5、ノートエッジまでのLTE技術を適用したサムスン電子製品の大半が特許を侵害したと主張した。ファーウェイは「サムスンが故意に特許権を侵害した」として賠償金と特許使用料を払えとの立場だ。しかし、正確な特許内容と請求額は確認されていない。

 サムスン電子は「内容を綿密に検討して対応する」と明らかにした。

 だが、25日にソウル・瑞草洞のサムスン本社で行われた社長団会議に出席した同社のアン・スンホ知識財産権センター長(副社長)は、記者団に「反訴するしかない。そっち(ファーウェイ)がそう出るなら黙っているわけにもいかないし…」と対応は避けられないの立場を明らかにした。

 ファーウェイが中国と米国で訴訟を起こしたこと自体が、ブランドを高めるための布石との解釈もされる。「サムスンが自社の特許を使った」と訴訟を起こし、技術力を知らしめる狙いがあるということだ。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルと英BBC放送は「ファーウェイの知的財産権責任者は訴訟に関する公式声明で『サムスンはファーウェイの研究・開発投資と特許を尊重してほしい。特許侵害をやめ、必要ならば私たちに使用権を払って使ってもらいたい』と明らかにした」と伝えた。海外市場への進出の突破口を見出そうとしているとの分析もある。サムスン電子から賠償を受けるより、互いに必要な特許を共有する改革の機会にする可能性もある。市場調査機関ストラテジー・アナリティクスの集計で、ファーウェイの昨年末基準の中国市場占有率は1位(15.4%)で、世界市場ではサムスン電子とアップルに次ぐ3位(7.4%)を占めている。

キム・ソンファン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-05-25 21:20

http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/745409.html訳Y.B

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue