登録 : 2017.01.01 01:30 修正 : 2017.01.01 16:03

日本領事館前「平和の少女像」除幕式に参加 
「韓日政府の日本軍“慰安婦”合意廃棄しよう」叫ぶ

31日、釜山釜山鎮区のジュディス大和ショッピングモール付近の西面中央大路で「送朴迎新」(朴槿恵大統領を送り新年を迎える)の絵と字句が記されている=キム・ヨンドン記者//ハンギョレ新聞社

 2016年最後の日、釜山では朴槿恵(パク・クネ)政権の即刻退陣を求めるろうそくが点された。

 朴槿恵政権退陣釜山運動本部は31日、釜山鎮区(プサンジング)西面のジュディス大和ショッピングモール近隣の西面中央大路で「朴槿恵退陣第9回釜山時局大会」を開いた。寒天にもかかわらず、この日の時局大会には5万5000人(主催側推算)が集まった。警察は午後7時基準で4000人と集計した。

 時局大会は歌手キム・チャンフンさんと地域バンドなどの公演で、楽しい雰囲気の中で進行された。ジュディス大和ショッピングモール前の通りには白墨で描かれたろうそくの絵と「送朴迎新」(朴槿恵大統領を送り新年を迎える)の文字が目についた。また、セウォル号惨事真実糾明、財閥総師のわいろ捜査、12・28韓日政府の日本軍「慰安婦」合意破棄を要求する行事も開かれた。

 ソウル大法学専門大学院のチョ・グク教授は時局大会に先立ち、市民とのトークコンサートを開いた。チョ教授は「機会はそれほどしばしば来ない。最後まで機会をしっかり捉えて改革を成し遂げなければならない。釜山が変われば歴史が変わる。来年もろうそく集会を続けさせよう」と話した。

 時局大会の本行事でキム・ジョンミン釜山運動本部共同代表は「朴槿恵政権をろうそく市民が押し倒した。市民の力だ。今年を送って朴槿恵大統領も共に送ろう。新しい大韓民国を私たちの手で直接打ち立てよう。自由・正義・平等があふれる新しい大韓民国を共に作ろう」と話した。

31日、釜山市釜山鎮区西面の中央大路で開かれた「朴槿恵退陣第9回釜山時局大会」で、市民が朴槿恵政権退陣を叫んでいる=キム・ヨンドン記者//ハンギョレ新聞社

 午後7時18分に集会が終わると参加者たちは「平和の少女像」(少女像)除幕式が開かれた東区草梁洞(チョリャンドン)の日本領事館前まで4.4キロメートルを行進した。これに先立って警察は、集会および示威に関する法律を理由に日本領事館前の行進禁止通告処分を下したが、釜山地方裁判所が例外的許容理由に該当するとし、警察の禁止通告処分の効力を停止し行進が可能になった。

 集会参加者が午後9時頃、東区草梁洞(チョリャンドン)の日本領事館付近に到着し、少女像の除幕式が始まった。これに先立ってこの日午後6時頃に日本領事館前に少女上を設置した「未来世代が立てる平和の少女像推進委員会」は、除幕式の舞台の位置をめぐって警察と摩擦を起こしもした。

31日、釜山東区草梁洞の日本領事館前に設置された「平和の少女像」除幕式に集まった市民=釜山警察庁提供//ハンギョレ新聞社

 午後9時14分頃、市民代表13人が少女像を覆った布を取りはらうと市民はいっせいに歓声をあげた。ユ・ヨンヒョン未来世代が立てる平和の少女像推進委員長は「釜山市民と国民が少女像をたてられるよう努力した。12・28合意を廃棄して、韓日の歴史を正しく立て直す時まで国民が共にしてほしい」と話した。参加者は除幕式が終わった午後10時9分頃に集会を終えた。

釜山/キム・ヨンドン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-12-31 23:14
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/776842.html 訳J.S(1543字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue