登録 : 2016.10.14 01:39 修正 : 2016.10.16 07:50

サムスン生命が200組を調査 
夫81%・妻91%「知っている」と答えたが 
正確に知っている割合は38%と49%にとどまる 
世帯の支出・資産・負債も22%だけが正確に知っている

韓國の30~40代夫婦の半分以上が配偶者の所得と支出など、財務状態について正確に知らないという調査結果が出た//ハンギョレ新聞社

 韓国の30~40代夫婦の半分以上が、配偶者の所得と支出など、財務状態について正確に知らないという調査結果が出た。

 サムスン生命引退研究所は13日、30~40代の夫婦200組を対象に配偶者の所得・月平均家計支出・世帯資産・負債に対する認知状態を調査した「夫婦の財務状態、正確に知っているか?」報告書を発表した。

 調査結果によると、「配偶者の所得がいくらか知っているか」という質問に、夫の81%、妻の91%が「知っている」と回答したが、実際の所得と比較した結果は(回答とは)異なっていた。配偶者の月当たりの所得を±5%以内で正確に知っているのは、夫の38%、妻の49%に過ぎなかった。夫は、妻の実際の所得が高いほど、正確に知らない傾向がみられた。妻の所得が100万ウォン(約9万1千円)以下の場合、67%の夫が妻の所得を正確に把握していたが、妻の所得が300万ウォン(約27万4千円)を超えると、この割合は25%に減った。

 一方、妻は夫の実際の所得が中間程度の場合、正確な情報を持っていた。夫の所得が200万~300万ウォン(約18万3千円~27万4千円)の場合、正確に知っている割合が56%、300万~400万ウォン(約27万4千円~36万5千円)の場合は53%で、最も高い水準を記録した。 夫の所得が400万ウォンを超える場合は、正確に知っている妻が42%に減り、200万ウォン以下の場合は33%に過ぎなかった。

 世帯の支出・資産・負債に対して正確な情報を持っている夫婦の割合も、意外に少なかった。調査の結果、夫の75%、妻の96%が世帯の支出規模を知っていると答えたが、実際にこれを±10万ウォン(約9千円)の範囲で正確に知っている割合は22%に止まった。

 世帯の資産についても夫の90%、妻の89%が知っていると回答したが、夫婦が±1000万ウォン(約91万3千円)の範囲で正確に知っている場合は37%だった。世帯の資産規模を1億ウォン(約912万8千円)以上少なく、もしくは多く答えた場合も20%に達した。一方、負債については、夫も妻も96%が知っていると回答したが、実際に±100万ウォンの範囲で知っている割合は52%だった。

 サムスン生命引退研究所のイム・ハンナ責任研究員は「成功する財務管理のためには、財務状態を把握することが第一だ。また、夫婦間のコミュニケーションを通じて財政状態を点検し、支出管理と返済計画を立てる時間を定期的に持つことが必要」とアドバイスした。

ユ・ソンヒ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

韓国語原文入力:2016-10-13 10:56
http://www.hani.co.kr/arti/economy/finance/765475.html 訳H.J(1205字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue