登録 : 2016.02.07 13:22 修正 : 2016.02.11 06:29

北朝鮮が7日ミサイル(ロケット)発射を強行し長距離弾道ミサイルと推定される物体(写真)が上がっている。写真は中国遼寧省丹東側から眺めた発射体=丹東(中国遼寧省)、共同/連合ニュース

 北朝鮮は7日、地球観測衛星光明星4号の発射に成功したと公式発表した。

 北朝鮮の朝鮮中央テレビはこの日昼12時30分(日本時間)、重大発表を通じて「朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局の科学者技術者は、国家宇宙開発計画2016年計画に則り新たに研究開発した地球観測衛星光明星4号を軌道に進入させることに完全成功した」と報道した。

 同放送は「運搬ロケット光明星号は2016年2月7日9時(日本時間9時30分)に平安北道鉄山郡の西海(ソヘ)衛星発射場から発射され、9分46秒後の9時09分46秒に地球観測衛星光明星4号を自己の軌道に正確に進入させた」と明らかにした。 放送はさらに「光明星4号は97.4度の軌道傾斜角で近地点高度494.6キロメートル、遠地点高度500キロメートルの極軌道を回っている」として「光明星4号には地球観測に必要な測定機材と通信機材が設置されている」と話した。

 朝鮮中央テレビは「金正恩(キムジョンウン)同志が光明星4号の発射について親筆命令を下した」と伝えた。

 これと関連して、韓国と米国の軍事当局も北朝鮮の長距離ロケット発射体が宇宙軌道に進入したと評価しているという。

北朝鮮が事実上のミサイルを発射した7日午前、関連ニュースが東京都心に設置されたテレビで放映されている=東京、共同/連合ニュース

 韓国軍関係者はこの日、「北朝鮮の発射体が軌道に進入したと推定される」として「韓米両国が共同で1次評価した結果」と明らかにした。 軍関係者は「発射体が正常に作動しているかどうかは追加的な評価が必要だ」と付け加えた。

 米政府高官もCNNに「発射体が宇宙に到達したと見られる」と話した。 この当局者は「発射体の経路から見て、米国とその同盟国に対する脅威は提起しなかった」と明らかにした。

ソン・ウォンジェ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-02-07 12:55
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/729663.html 訳J.S(1035字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue