登録 : 2015.07.03 09:39 修正 : 2015.07.04 06:48

韓国公務員を乗せたバス墜落事故

1日、集安市で韓国人26人・中国人2人を乗せ丹東市に向かっていたバスが橋の下に墜落して11人が死亡した。写真は吉林省集安市の事故現場=ソン・ヨンチョル記者//ハンギョレ新聞社
 2日午後、韓国人10人以上の命を奪ったバスの事故現場、中国吉林省の集安(ジアン)と丹東(タントン)の間にある朝鮮族の村、涼水(リャンスイ)付近の橋の現場を訪ねると、事故当時の衝撃で橋の欄干が粉々に壊れていた。セメントでできた橋の欄干が20メートル近く、すべて折れていた。高さ1メートルほどの欄干は約1メートル間隔で立っており、本数にして16本以上が折れていた。橋の高さは7~8メートルくらいで、橋の近くに負傷者と死亡者の持ち物と見える物が散らばっていた。橋の欄干が壊れている範囲から見て、バスはかなり速いスピードで走っていたものと思われる。橋の欄干自体はさほど丈夫には見えなかった。鉄串のような細い鉄筋がセメントの欄干1本当たり4、5本入っていた。当局は事故現場を木で適当に遮っておき、橋の入口には監視カメラが設置されていた。事故調査当局は乗客が安全ベルトを締めていたと明らかにした。

村の住民が明らかに
中国当局、正確な事故原因明かさず
負傷者は集安から長春に移送
死亡者10人は集安葬儀場に

治療病院=2日、中国吉林省集安市の病院で前日発生したバス墜落事故の負傷者が治療を受けている。1日、集安市で韓国人26人と中国人2人を乗せ丹東市に向かっていたバスが橋の下に墜落して11人が死亡したと現地当局が伝えた=集安/新華・聯合ニュース

 「ひどく壊れたバスの中で韓国語で助けてと叫ぶ声が聞こえた」。中国吉林省集安市の涼水里病院所属の医師リ・ジンソンは2日、中国の新京報とのインタビューで、前日に集安で発生した韓国公務員が搭乗したバス墜落現場の状況についてそう語った。地方公務員24人を含む韓国人26人を乗せたバスは1日午後3時30分(韓国時刻午後4時30分)頃、集安と丹東の間にある涼水の朝鮮族の村の付近の橋で川に墜落した。事故直後、現場に着いた集安市の医療スタッフ10人が、意識がない乗客に心肺蘇生術と人工呼吸などの緊急措置を施したが、6~7人がその過程で死亡した。リ・ジンソンは「バスから最後に出せた3人はすでに(脈拍など)生命信号がない状態だった」と話した。

事故現場=2日、中国吉林省集安市の橋の下に前日墜落したバスの残骸が散在している。1日、中国研修のため行政自治部所属地方行政研修院教育生を乗せたバスが橋から墜落して韓国人10人と中国人運転手など11人が死亡した=集安/新華・聯合ニュース

 事故原因については中国当局はまだ正確な内容を明らかにしていない。中国のメディアは当局が事故原因を調査中とだけ報道している。瀋陽総領事館関係者も「まだ事故原因は把握されていない。現在はまだ話す段階ではなく、まず患者治療に専念しなければならない状況だ」と話した。事故現場は1日の夜になる前にすべて整理された状態だ。

 事故発生地点は集安から南に40キロメートル離れた場所で、鴨緑江(アムノッカン)と渾江が合流する地域でもある。村のある住民は新京報に「事故が起きたワイチャ橋は幅4メートルほどで、作られてから30年になるが補修工事がされるのを見たことがない。その上、集安と丹東を結ぶ道路はアスファルト舗装がデコボコしていて、カーブが多い山道だとスピードを出せば簡単に事故がおきる」と話した。しかし、現地の住民はここで今回のような深刻な交通事故が発生したのは一度もなかったと言った。

 負傷者は事故発生場所の集安から2日、全員が吉林省の省都がある長春市内の病院に移された。負傷者はベッドで包帯を腕と脚に撒かれていたり点滴をさしたまま診療を受けている。韓国人負傷者16人のうち、生命に支障はないが骨折など重傷者が10人になり、比較的軽症の人は6人。韓国人の死亡者10人の遺体は事故現場から近い集安市内の葬儀場に安置された。

 事故収拾のため政府は2日午前、チョン・ジェグン行政自治部次官率いる事故収拾チーム11人を中国現地に急派した。国立科学捜査研究院のソ・チュンソク院長と法医官などで構成された4人の「犠牲者管理団」も緊急派遣する計画だ。葬儀手続きと補償などに関する協議も現地で始まる。死亡者は公務員年金法の公務員傷害死亡規定により補償を受けることになる。彼らは各自治団体で地方行政研修院から教育派遣発令を受けて研修を受けていたため「公務中の死亡・負傷」に該当する。

長春/ソン・ヨンチョル特派員、ウム・ソンウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-02 23:41

  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue