登録 : 2015.06.28 21:09 修正 : 2015.06.29 06:25

今年の夏はエアコンを思う存分使ってもいいんですか?

モンゴル草原の移動式住宅ゲルの後方の地中に設置した無電源冷蔵庫。ペットボトルに入れた水を保冷材で断熱し夜間の輻射冷却を利用して冷蔵庫内は摂氏4度を維持する =藤村靖之氏提供//ハンギョレ新聞社

 藤村靖之氏は冷蔵庫から真空掃除機に至るまで電気を使わない「家電製品」を作った発明家として有名だ。彼は20種類の“ビジョン力製品”を紹介した本『プラグを抜けば地球が美しい』で、電気を使わずともいくらでも快適で便利に暮らせることを示した。 今年彼は「電気の必要がない冷蔵庫」で全世界の持続可能環境プロジェクトを選定する環境賞であるエネルギーグローブ・アワードの日本受賞者に選ばれた。 彼は電気が普及していないモンゴル大草原の遊牧民が30度まで上がる真夏に、羊肉が腐らないように保管できるように、水と夜の涼気を利用した無電源室外冷蔵庫を羊2頭の価格で普及させている。

 大阪大の基礎工学博士である彼が、電気を特に嫌う理由はない。 一部家電製品の非効率性が目にとまっただけだ。 真空掃除機がまさのその例で、掃除をする際に消費した電力のうち実際にホコリを掃除機に移動させるのに費やしたエネルギーは2000万分の1に過ぎないと彼は計算した。 実際、空気を吸い込んで何かを動かすことがどれほど難しいかは、ろうそくを消す時に空気を吹き出しこそすれ吸い込まないことでも簡単に分かる。 当初はカーペットからホコリを容易に払いのける用途で開発された真空清掃機だが、私たちはいつのまにか床でも使うことに慣れてしまった。 韓国で真空掃除機を稼動するのに使われる電力は、洗濯機の2倍、電子レンジの3倍だ。

 電気を熱源として使うのは、ほうきの代わりに真空清掃機を回すよりさらに無駄に電力を消費することだ。 電気は化石燃料の燃焼熱により水を沸かし、それで得た水蒸気によりタービンを回して作る。 当初燃料に含まれていたエネルギーの半分以上がこの過程で失われる。 電力を使用する地域まで送配電する過程でも4%程度が消える。そのために電気は便利だが、費用が多くかかる高級エネルギーだ。ガスや石油を直接燃料として使わずに、苦労して作った電気で熱を得ることは大きな浪費だ。

 ところが、このような浪費が韓国社会に盛大に広まっている。電気料金を安く維持し、ガスや石油より電気が安くなったためだ。2000年代後半から家庭では電気暖房期が人気を呼び、建物のガス冷房は電気冷房に、農家の油暖房ビニールハウスと乾燥施設を電気で回すブームが起きた。こうして“ミネラルウォーターで洗濯する”ような電気浪費が蔓延した。

 その結果、韓国の1人当り電力消費量が日本、ドイツ、英国、フランスを上回り、国内総生産(GDP)対比の電力消費量は経済協力開発機構(OECD)平均より70%も多くなった。 極めて安い産業用電力料金がこういう現象を煽りたてた。 朴槿恵(パク・クネ)政権になって、2013年に電気料金を平均5.4引き上げたのに続き、昨年確定した第2次エネルギー基本計画ではエネルギー政策の方向を需要管理中心に切り替えることにしたのもこのような非正常を正すためであった。

 ところが、その同じ政権が今月22日、電気料金を一時的に引き下げるという理解に苦しむ政策を出した。 中小企業も対象に入っているが今回の措置の重点は累進制の適用を緩和し、市民の冷房費負担を減らすことに置かれている。MERSもあり経済も厳しいので、暑い夏をエアコンでも思う存分つけて過ごせという声に聞こえる。

チョ・ホンソプ環境専門記者 //ハンギョレ新聞社

 普段の電気料金が4万7000ウォン~21万7000ウォン程度を払ってきた全世帯の30%に該当する647万世帯が、夏の間は月額8368~1万1520ウォン程の料金引き下げの恩恵を受けることになった。問題は中流階級以上だけが恩恵を受けるという事実より、今回の政策が市民と企業に誤った信号を与えるという点にある。 電力消費の増加を当然と考えれば発電所の増設が必要になる。 エネルギーの節約と効率化、それと関連したエネルギー新産業は追いやられ、私たちは結局化石エネルギーのドロ沼から抜け出すことができなくなるだろう。

チョ・ホンソプ環境専門記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-06-26 20:14
http://www.hani.co.kr/arti/society/environment/697763.html 訳J.S(1902字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue