本文に移動

中国「韓国、THAAD運用の制限宣誓した」…「三不」に続き「一限」まで主張

登録:2022-08-11 06:36 修正:2022-08-11 08:16
外相会談翌日、報道官発言 
「自主路線堅持すべき」5項目の要求も 
米国寄りの外交をするなという明らかな圧力 
パク長官「THAAD三不、約束ではない」
パク・チン外交部長官が今月9日、中国の青島で王毅国務委員兼外交部長と会談している/聯合ニュース

 韓国と中国の外相間の対話が行われた翌日、中国政府がTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題と関連して、従来の中国の立場である「三不」より一歩進んだ「三不一限」という新しい主張を展開した。また、韓中の「戦略的パートナー関係」を発展させるために、韓国が当然守らなければならない5つの要求事項まで持ち出した。尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後、韓中が新たに関係を確立するために行われた初の外相会談は、事実上失敗に終わったわけだ。THAADなど主要争点をめぐる意見の相違で、両国関係はいっそう悪化するものとみられる。

 中国外交部の汪文斌報道官は10日の定例記者会見で、THAADと関連し、中国側が前日の韓中外相会談で明らかにした「(中国の)安全保障上の懸念を重視し、適切に処理しなければならない」という言葉の意味を問う質問に「米国が韓国にTHAADを配備したことは明らかに中国の戦略的安全保障利益を損なっており、中国は韓国に何度も懸念を表明した点を指摘したい」と答えた。さらに「韓国政府は対外的に三不一限の政治的宣誓を正式に行った」とし、「中国は韓国政府のこうした立場を重視して韓国に了解を求めており、中韓両国は段階的に円満にTHAAD問題を処理した」と主張した。

 韓国政府は過去、THADD問題に関して中国と政治的に「三不一限」約束をしたため、これを守らなければならないという主張だ。中国はこれまで「THAAD三不」の合意を守るよう要求してきたが、「一限」を公の場で持ち出したことはなかった。「THAAD三不(三つのノー)」とは、在韓米軍のTHAAD配備問題を巡る韓中のあつれきを「封印」するため、文在寅(ムン・ジェイン)政権が2017年10月末に明らかにした3項目(THAADを追加配備せず、米国のミサイル防御体系に参加せず、韓米日軍事同盟を結ばない)を指す用語だ。「一限」は在韓米軍に配備されたTHAADの運用を制限するという意味だ。 そのためか、文在寅前大統領は環境影響評価などの理由を挙げて、THAADの全面稼動を避けてきた。中国官営メディアはこれが中国と韓国間の「約束」だと主張してきた。

 THAAD問題をめぐる韓中間の冷気流は、パク・チン外交部長官の発言からもうかがえる。パク長官は同日、青島で韓国記者団に「『THAAD三不』は合意や約束ではないという点を中国側に明確にした」と述べた。会談内容に詳しい外交部当局者は「基本的に両国外相はいずれも、THAADに関して各々の立場を深くそして明確に述べた」として、「それでも両者はこの問題が今後の韓中関係発展の障害になってはならないという点に共感した。これが重要だ」と付け加えた。両側がTHAAD問題に対する明確な立場の違いを確認したが、関係悪化の決定的な要因にはならないだろうという期待感を示したのだ。中国外交部も会談直後、ホームページに掲載した報道資料で、「双方はTHAAD問題について深く意見を交換し、各自の立場を説明しており、互いの安全保障上の懸念を重視し、円満な処理のため努力するとともに、両国関係に影響を与える障害物になってはならないという認識を示した」と述べた。しかし、王報道官の発言を通じて、中国側はTHAAD問題に対しては決して妥協しないという意志を改めて示したわけだ。

 それだけではない。中国外交部はこれとは別にホームページで、独立自主路線を堅持し外部干渉を排除すべき▽近隣友好を堅持し互いの重大な関心事項に配慮すべき ▽開放と協力を堅持しサプライチェーンの安定を守るべきなど、5つの要求事項も掲げた。韓中国交正常化30周年を迎え、韓国の保守政権が米国寄りの外交を展開し、中国の利害と相反する動きをしないよう「ガイドライン」を提示したわけだ。一国が他国にこのような露骨な要求をすること自体が非常に異例で、不適切だという反発が続くものとみられる。

 THAAD三不に関する議論は2017年に遡る。2017年の在韓米軍へのTHAAD配備以後、中国の「韓限令」による報復などで韓中関係は急速な冷却期を迎え、これを打開するために同年10月31日、ナム・グァンピョ国家安保室第2次長と孔鉉佑中国外交部部長助理(次官補)が協議を行った。その結果が「THAAD三不」だ。その後、中国は両国が三不に合意したと主張する一方、韓国は立場表明に過ぎず、約束や合意ではないと主張してきた。

 THAAD問題が韓中関係を揺るがす主な争点に浮上したのは、尹錫悦大統領が大統領選挙期間である1月、「THAAD追加配備」を公約に掲げてからだ。中国政府は「新しい官僚が古い帳簿に背を向けてはならない」(7月27日、趙立堅外交部報道官)とし、「THAAD三不」の継承を強く求めてきた。

北京/チェ・ヒョンジュン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
https://www.hani.co.kr/arti/international/international_general/1054302.html韓国語原文入力:2022-08-1002:38
訳H.J

関連記事

注目記事