登録 : 2017.10.08 22:46 修正 : 2017.10.09 06:09

演説場所ごとに“辞めろ”“森友説明せよ” 
ヤジ・プラカード聴衆出没への反応変えて 
批判的有権者たちはインターネットで情報共有 
 
日本の早期総選挙3巴戦、複雑な様相 
連立与党・希望の党・立憲民進党 
自衛隊関連改憲問題で交錯

8日午後、日本記者クラブが東京で主催した党首討論で、日本の各政党代表が記念写真を撮っている。左から松井一郎日本維新の会代表、山口那津男公明党代表、安倍晋三自民党代表、小池百合子希望の党代表、志位和夫共産党代表=東京/AP聯合ニュース
 今月22日の衆議院早期総選挙を控えて、日本が選挙熱気で熱い。だが、安倍晋三首相は聴衆のヤジを敬遠して街頭演説の日程を公開していない。与党自民党はフェイスブック等を通して4日までは安倍首相の街頭演説日程を公開していたが、その後は非公開に切り替えた。

 安倍首相は7日、千葉県の柏駅頭で事前に日程を知らせずに街頭演説を行った。自民党支持者が駅前に陣を敷き「安倍首相を支持する」「自民党しかない」というプラカードを持ち応援に出たがヤジは消えなかった。30人あまりの聴衆は安倍首相の演説が始まるや「森友・加計学院問題を説明せよ」と声を高めたと東京新聞などは伝えた。演説の途中には「辞めろ」のようなヤジも聞かれた。一部の聴衆は安倍首相が先月25日に衆議院の解散を宣言をする時に「国難突破解散」と主張したことを皮肉って「お前こそ国難」と書いたプラカードを掲げた。「嘘つきにだまされるな」と書いたプラカードを持っている人もいた。

 安倍首相と自民党が街頭演説の日程公表を中止した理由について、自民党本部は「北朝鮮問題があり遊説日程を最後まで調整する必要があるため」と説明しているが、聴衆のヤジのためという分析が一般的だ。“秋葉原トラウマ”が大きな影響を及ぼしたという見方もある。安倍首相は7月の東京都議会議員選挙の時、東京の秋葉原駅前で自民党候補の支援演説に立ったが、聴衆が「安倍辞めろ」のようなヤジを飛ばしたために酷い目に遭った。安倍首相は当時、ヤジと抗議をする人々に向かって「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」として逆上した反応を見せて物議をかもした。

 安倍首相が街頭演説の日程を公開しないため、安倍首相に批判的な人々は演説日程を知るとインターネットで共有している。これらの人々は「国難が来る」または、日本政府の北朝鮮ミサイル警報システム名称に安倍首相の頭文字をつけて「Aアラート」というハッシュタグを付け、日程をインターネットを通じて知らせている。

 日本の早期総選挙の構図は複雑になっている。連立与党の自民党と公明党、小池百合子・東京都知事が率いる新党「希望の党」と希望の党に事実上吸収された第一野党の民進党、小池知事の右派的路線に反発した民進党の人々が作り枝野幸男元官房長官が代表に就任した新党「立憲民主党」を中心に大きく3勢力が対立する構図だ。

 週末の7日からインターネット、テレビ放送、日本記者クラブと相次いで党代表討論会が開かれた。討論で安倍首相は、平和憲法を改定する意欲を見せ、小池代表も改憲賛成の立場を明確にした。

 安倍首相は7日、インターネット放送「ニコニコ生放送」が中継した討論会で「自衛隊を明確に憲法に明記し、不毛な論争をなくす」として交戦権放棄条項である憲法9条に自衛隊の存在を明記する改憲を推進する立場を改めて明らかにした。小池代表は「必要に応じて憲法を変える必要がある。私は安倍政権で防衛相に任命されたことがある。(安倍首相と基本的理念に)差はない」と話した。

 8日午前、NHK放送の党首討論でも安倍首相は「子供たちが自衛隊は違憲なのかと尋ねることがある」として、改憲の主張を曲げなかった。小池代表は9条自体に議論を集中させることには反対するとしながらも、改憲自体には賛成した。立憲民主党の枝野代表と志位共産党代表は改憲に明確に反対し、小池知事と連帯した日本維新の会の松井代表と連立与党の公明党の山口那津男代表は、改憲議論は必要だとし明確な言及は避けた。衆議院選挙で自民党が前回のような圧勝をおさめられなくとも、改憲賛成派が議会で多数を占め、選挙後に改憲議論が急流に乗る可能性が高い。

東京/チョ・ギウォン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-10-08 18:09
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/813634.html 訳J.S(1895字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue