登録 : 2017.03.05 21:50 修正 : 2017.03.06 07:10

SKブロードバンド、100世帯で試験サービス 
回線工事必要なく…電気料金は月100円

電力線通信(PCL)でホームネットワーキングを実現する概念図//ハンギョレ新聞社
 SKブロードバンド(SKB)が、電力線を通したインターネットサービス(PLC)の商用化に乗り出した。ますます多様化するホームサービスの基盤通信網として活用する計画だ。

 SKブロードバンドは、電力線を通したインターネットサービスの速度が、商用化可能な段階に達したと判断し、試験サービスを始めたと5日明らかにした。全国から事前に申請を受けた100世帯に必要な装備を設置し、実際に使用している。

 電力線を通したインターネットサービスは、すべての家に設置されている電力線を通じてデータをやりとりするサービスだ。「スレーブ」という装備をコンセントに差しさえすれば、インターネットが連結され、回線工事は必要ない。例えば、居間と個室にそれぞれあるテレビにインターネットテレビ(IPTV)を連結したり、家庭内で有線LANを組む時にも別途のケーブルを設置する必要がない。代わりに月額1千ウォン(約100円)程度の電気料金が追加でかかる。

 電力線を通したインターネットサービス技術は、20数年前に開発されていたが、これまでは速度が遅く商用化できなかった。SKブロードバンドは「技術の発展で今は電力線を通したインターネットサービスの速度が最大で800Mbps、平均で100Mbpsまで向上した。商用化可能な水準だ」と説明した。

キム・ジェソプ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-03-05 20:33
http://www.hani.co.kr/arti/economy/it/785127.html 訳J.S(739字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue