登録 : 2016.10.11 22:33 修正 : 2016.10.12 07:05

11日公示…株価、金融危機以後最大の下落 
13日から12月31日まで返品および製品交換 
「状況を覆すには手遅れと判断」 
サムスン売場・携帯電話流通店も 
ギャラクシーノート7の痕跡除去

サムスン電子が全世界で「ギャラクシーノート7」の生産と販売を中断すると発表した11日午後、ソウル汝矣島の韓国取引所の株価現況画面に8.04%下落したサムスン電子の株価が表示されている=カン・チャングァン記者//ハンギョレ新聞社

 サムスン電子が11日、ギャラクシーノート7スマートフォンの生産販売を中止することを最終決定した。発売から2カ月にもならずに決定された生産販売の中止により、サムスン電子の株価はこの日2008年の金融危機以後最大の下落幅(8.04%・13万5千ウォン)を記録して、154万5千ウォンで取引を終えた。

 サムスン電子はこの日午後、証券取引所公示を通じて「ギャラクシーノート7の販売中断により生産も中断することを最終決定した」と明らかにした。サムスン電子はさらに報道資料を通じて「国家技術標準院の販売・交換・使用中止勧告にともなう後続措置として、携帯電話会社と協議して13日から返品と(ギャラクシーS7・7エッジやギャラクシーノート5など)他のギャラクシースマートフォン製品との交換に応じることにした」として「ギャラクシーノート7の交換と払い戻しは12月31日まで実施する」と明らかにした。

 サムスン電子関係者は、ギャラクシーノート7の生産販売中止決定の背景と関連して「ギャラクシーノート7に何らかの問題が発見されたということを意味するものではない。12日午前(韓国時刻)に発表が予想される米国消費者製品安全委員会のギャラクシーノート7発火原因調査結果がどのように出てきたとしても、現在の状況を覆すにはすでに手遅れという政務的判断に従ったもの」と説明した。

 サムスン電子は10日、ギャラクシーノート7の生産を中断し、携帯電話会社に販売・交換を中断するよう要請するのに先立ち、すでに生産販売中止の方針を定めたという。サムスン電子の高位関係者はこの日ハンギョレとの通話で「生産を中断し、携帯電話会社に販売の中断を要請したことを機種廃止手順と見てもらっても差し支えない」と話した。

11日昼、ソウル市瑞草区瑞草洞のサムスン電子の広報館「デライト」で職員がギャラクシーノート7の宣伝垂れ幕を撤去している。この日サムスン電子は、ギャラクシーノート7の生産販売を中止することにした=パク・ジョンシク記者//ハンギョレ新聞社

 サムスン電子は11日午前、携帯電話会社関係者たちと非公開で後続措置を議論して、携帯電話会社側に代理店と販売店のギャラクシーノート7用立看板や広報ポスターをすべて片づけ、オンラインショッピングモールのバナー広告についてもすべて下ろして欲しいと要請した。これに伴い、携帯電話会社は流通店に指示し、ギャラクシーノート7の痕跡を急いでなくすように措置した。

 これに先立って中国政府も発火可能性を挙げてギャラクシーノート7計19万984台をリコールすることにしたと発表した。米国消費者製品安全委は声明を通じて「何人も携帯電話により自身や家族、資産が危険になってはならない」として「複数の州で報告された過熱や発熱に対して調査を進める間、消費者はギャラクシーノート7の電源を切り使用を中断しなければならない」と明らかにした。

キム・ジェソプ、キム・ヒョジン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-10-11 20:06
http://www.hani.co.kr/arti/economy/it/765229.html 訳J.S(1332字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue