登録 : 2016.05.14 08:36 修正 : 2016.05.14 08:38

現代自動車が開発する医療用ウェアラブルロボット//ハンギョレ新聞社
 映画「アイアンマン」で俳優のロバート・ダウニー・Jrが着用したウェアラブルロボット(着るロボット)が国内で開発されている。

 現代自動車グループは13日、アイアンマンのパワードスーツ「アーマー」に似た二つのウェアラブルロボットを開発中だと明らかにした。現代車グループは、ウェアラブルロボットの形と使い方を示す写真も一緒に公開した。ロボットはアイアンマンのように体の全体を包み込むものではなく、体の一部を覆う形だ。現代ロテムで開発する産業・軍事用は、腕、脚、背中を覆い、現代車が開発する医療用(写真)は、足腰、背中を支える形になっている。使用者はロボットをカバンを背負うように着てベルトで固定する。動きは取っ手のボタンで操縦する。

 現代車グループは「産業・軍事用ロボットは2010年、医療用は2014年から開発しており、医療用は2020年まで商用化する計画だ。産業・軍事用はまだ商用化の時期を決めていない」とした。

キム・ギュウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2016-05-13 19:55

http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/743781.html訳Y.B

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue