本文に移動

補欠選で民主党を唯一支持する40代「李明博・朴槿恵の復活は耐えがたい」

登録:2021-04-02 23:20 修正:2021-04-03 11:53
最近の4・7補欠選挙の世論調査、40代だけが民主党を支持
4・7再補欠選挙の事前投票初日の2日午前、ソウル西大門区南加佐1洞の事前投票所で有権者が投票箱に投票用紙を投じている/聯合ニュース  

 4月7日の補欠選挙を控え、厳しく吹き荒れる「政権審判論」の中、与党に対する支持率が他の世代とははっきり違う集団がある。いわゆる「9・7世代(90年代大学入学・70年代生まれ)」とも呼ばれる40代だ。

 最近発表された各種世論調査の結果によると、20~30代、50代以上の回答者は野党「国民の力」の候補へ傾く現象が明らかだが、特に40代だけは与野党の支持が分かれる。世論調査機関のKスタットリサーチがハンギョレの依頼で先月30~31日、ソウルに居住する有権者1012人を対象に調査した結果(信頼水準95%、標本誤差±3.1ポイント)、ソウル市長補欠選においては、与党共に民主党のパク・ヨンソン候補の支持率は33.5%、国民の力のオ・セフン候補は54.4%を記録した。全世代で40代のみパク候補(43.9%)とオ候補(42.8%)の差が僅差だった。これまで民主党に友好的だった30代でもオ候補はパク候補を16ポイントリードし、20代では22.5ポイントとさらに差が広がった。先月30~31日のJTBCとリアルメーターの調査(ソウル居住有権者1032人対象)でも、40代の回答者の47.7%がパク候補を支持した。オ候補は45%だった。同期間のニュース1とエンブレイン・パブリックの調査(ソウル居住有権者1006人対象)でも、40代でのみパク候補(52.6%)の支持がオ候補(31.3%)を上回った。

 40代も韓国土地住宅公社(LH)問題などで与党支持が低迷しているのは事実だが、民主党を見捨てていないことは明らかだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権の最大の失敗である不動産市場の不安で40代も直撃を受けているが、それでも40代の民主党支持はなぜ高いのだろうか。

 40代の気持ちを要約すると「民主党には腹が立つが、だからといって“旧態”の国民の力に投票することはできない」という言葉につきる。彼らにとって民主党は、能力の如何によって選ぶことも選ばないことも、好きになることも憎むこともできる党だが、国民の力は予選に入ることもできない「どうしても選べない党」というわけだ。「文在寅政権のやることを見ていたら、到底民主党には投票できない」と言う40代のソウル市民のHさん(46)は「時代遅れの民主対反民主の構図を唱える民主党も嫌だが、腐敗・既得権でいえば民主党よりもっとひどい国民の力に票を入れることはできない」と付け加えた。会社員のSさん(47)は「オ・セフンが10年前に学校の無償給食はしないと言い張ってソウル市長をやめた時、自分は30代の保護者だった」とし「オ・セフンといえば、最近の中道的なイメージではなく、子どもたちの食事を奪ったという印象だけが残っている」と話した。

4・7ソウル市長補欠選挙の事前投票を3日後に控えた30日、龍山駅の高速鉄道乗り場の入口に事前投票所の一部が設置されている=キム・ボンギュ先任記者//ハンギョレ新聞社

 専門家は40代の意識構造を説明する際「政治社会化」という概念を提示する。10代後半から20代後半まで社会的に最も活発に覚醒する時期の政治的・歴史的経験が、その後の意識形成に大きな影響を及ぼすというのだ。現在の40代は、1980年代の韓国の高度成長期に幼年期を過ごし、10代の時は民主化の過程を目の当たりにし、大学を卒業した直後に金融危機(IMF)に遭い、就職難で深い挫折を経験した。その後「社会人」として最も活発に活動していた時期は李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)両政権を経験し、権威主義の復活、社会経済的不平等の深化、腐敗と不正などを目撃した。「軍部独裁と戦った586世代には、もう全斗煥(チョン・ドゥファン)のような敵が消えた。しかし李明博・朴槿恵を輩出した国民の力は、いまだに生存しているではないか。いくら民主党が嫌でも、どうしても李明博・朴槿恵を出した党に票を投じることはできない」(40代の会社員のLさん)ということだ。

 シン・ジヌク中央大学教授(社会学)は「70年代生まれはすでに民主化された状況で成人になったという点でその上の世代とは違い、直接盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の誕生を率いたという点でその下の世代とも違う」とし「盧武鉉を通じた政治参加の文化に強い影響を受け、彼の死によって民主党と強い一体感を持つようになった世代」と説明した。シン教授はまた「今の40代は李明博・朴槿恵政権の9年を経たことで、民主主義の『マジノ線』により敏感な側面がある」とし、「民主党も国民の力も同じようなものだと考える20~30代とは異なる点」だと付け加えた。

イ・ジヘ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/989460.html韓国語原文入力:2021-04-02 22:02
訳C.M

関連記事