登録 : 2017.05.10 00:47 修正 : 2017.05.10 08:08

9日昼12時10分頃、訓練中のレイク・シャンプレイン艦と漁船が事故 
韓国軍当局「人命被害はない…海洋警察と米軍が事故の経緯など調査」

米軍巡洋艦レイク・シャンプレイン艦//ハンギョレ新聞社
 

 9日昼12時10分頃、東海(日本名:日本海)で国内漁船と米軍巡洋艦の接触事故が発生した。人命被害はないことが分かった。

 韓国軍当局者は「9日正午頃、訓練中の米軍巡洋艦レイク・シャンプレインと操業中の502ナミョン号が、慶尚北道盈徳(ヨンドク)の江口港から東に70マイル離れた海域で接触事故を起こした。人命被害はないと承知している」と話した。別の軍当局者は、事故地点は鬱陵島(ウルルンド)南方56マイルとし「事故後502ナミョン号は11ノットで自力航海し盈徳江口港に復帰した」と話した。

 正確な事故の経緯は明らかにされなかった。軍当局者は「海洋警察と米軍が事故の経緯などを調査中であると理解している」と話した。

 排水量9600トンのレイク・シャンプレイン艦は事故当時、東海で米軍の原子力推進航空母艦であるカールビンソンなどと連合海上訓練をしていたという。事故漁船502ナミョン号は、浦項(ポハン)の九龍(クリョン)浦船籍で、9.77トン規模の小型漁船であり、事故当時は6人が乗船していたという。

パク・ビョンス先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2017-05-09 18:18
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/794032.html 訳J.S(596字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue