登録 : 2014.07.08 00:34 修正 : 2014.07.08 10:33

7日、中国北京郊外の中国人民抗日戦争記念館広場で開かれた‘全民族抗戦開始77周年記念式’で習近平主席が演説している。 1937年日本の中国大陸侵略に対抗した中国人の抗戦を記念するこの行事に、中国の国家主席としては初めて参加した習主席は日本の歴史責任否定と軍国主義化の動きを強く批判した。 北京/新華連合ニュース

習近平 7・7事変記念行事に出席
「侵略の歴史 否定・美化は容認しない」
日本の集団的自衛権に対し強硬非難


 「中国と世界の人民は、歴史を否認・歪曲したり更には美化までしようとする者を絶対に容認しない。」

 習近平中国国家主席が日本の過去事否定と軍国主義復活の動きを強力に糾弾した。 習主席は7日、北京南西部の中国人民抗日戦争記念館広場で開かれた‘全民族抗戦開始77周年記念式’演説で「1937年7月7日、日本の侵略者らは武力で中国を併呑しようという野心を実現するため7.7事変(盧溝橋事件)を犯し、この時から中国は絶体絶命の‘中華民族の危機’に瀕した」として「中国共産党は民族を救う歴史的任務を引き受け、国共合作を通した抗日民族統一戦線を構築し、日本の侵略者を追い出して壮大な叙事詩を書いた」と話した。 習主席は歴代の中国国家主席としては初めて盧溝橋事件記念行事に参加した。 盧溝橋事件は、日本軍が訓練途中に起きた兵士失踪事件を中国軍の仕業だとでっち上げ、本格的な中国侵略を始めた事件だ。

 習主席は「だが、残念ながら中国人民の抗日戦争と世界反ファシスト戦争勝利70周年が目前に迫った今でも、相変らず少数の人々は鋼鉄のように堅固な歴史的事実と戦争中に犠牲になった数千万人の罪なき犠牲を無視・否定して、歴史の潮流に逆行している。 さらには侵略の歴史を美化することさえしている」として「彼等は中国人民を含め平和を愛する世界の人々の信頼を裏切り強力な反発を買っている」と話した。 ‘少数の人’とは表現したが、明確に安倍晋三総理ら日本の右翼勢力の歴史歪曲と集団的自衛権行使などの動きを強く批判したものだ。

 習主席は右傾化している日本とは妥協がないことを強調した。 彼は「中国人民は血と生命を捧げて書いた歴史をきっぱりと守るだろう」と話した。 習主席は「世界の歴史を見れば、武力に頼り外国を侵略し、勢力を拡張しようとする試みは全て失敗した」と強調した。 習主席はこの演説に先立ち、独立自由勲章碑石を除幕した。 この日の行事には政治局常務委員である兪正声 全国人民政治協商会議(全協)主席と抗日戦争参戦者など1000人余りが参加した。 <中国中央テレビ>(CCTV)と<人民網>等の中国主要メディアは記念式を生中継した。

 中国の主要メディアもこの日一斉に社説を通じて日本を批判した。 <人民日報>は「歴史を忘却した国には未来がない。 日本政府は歴史を直視し、再び悲劇を再現してはならない」と指摘した。 <新京報>も「必ず歴史を記憶して教訓を得なければならない」と主張した。 中国当局は6日オンラインに南京大虐殺追慕ホームページも開設した。

 習主席がこの日異例的に記念式に参加したことは、国内外に日本軍国主義に対する警告を送ろうとする‘反日闘争’の意図が込められていると見られる。 シュィヤオドゥン国家行政学院教授は「習主席が中国を含む国際社会に向けて日本軍国主義の復活を警戒しなければならないという強い信号を送った」と話した。 日本に向けては安倍総理の靖国神社参拝再発防止など、歴史問題の解決なしには関係改善がはるかに遠いという意を表明したものと見られる。 合わせて中国国内的には「共産党の指導の下に抗日戦争で勝利した」という点に言及することによって、共産党執権の正当性と民族団結を強調しようとする意図も読み取れる。
7日、中国北京郊外の中国人民抗日戦争記念館広場で開かれた‘全民族抗戦開始77周年記念式’に参加した学生と退役軍人らが習近平主席の演説を聴いている。 1937年日本の中国大陸侵略に対抗した中国人の抗戦を記念するこの行事に、習近平主席は中国国家主席としては初めて参加し、日本の歴史責任否定と軍国主義化の動きを強く批判した。 北京/新華連合ニュース

北京/ソン・ヨンチョル特派員 sychee@hani.co.kr

韓国語原文入力:2014/07/07 21:28
http://www.hani.co.kr/arti/international/china/645875.html 訳J.S(1731字)
関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue