登録 : 2015.11.26 23:58 修正 : 2015.11.27 06:39

表現の自由侵害に“愉快な反乱”

日曜夜に放送されるMBC放送の人気芸能番組「覆面歌王」で覆面で出演し歌を熱唱する歌手たち=資料写真//ハンギョレ新聞社
インターネット・SNSに多様な提案相次ぎ
「朴大統領の仮面をかぶって集会に集まろう」
「芸能人気番組“覆面歌王”も放送禁止か」
世論調査では半数以上が「制定反対」
「覆面禁止法? それなら仮面舞踏会をやろう!」

 セヌリ党が集会で顔を隠してはならないという内容を盛り込んだ“覆面禁止法”を25日に発議し、インターネット・社会関係網サービス(SNS)では「集会に行って仮面舞踏会を開こう」として、表現の自由を侵害だと議論になっている覆面禁止法に対して“愉快な反乱”を続けている。 多様な風刺は“非公開”歴史教科書執筆陣とマスクを着けた警察などに及んでいる。

 SNSには来月5日の2次民衆総決起大会を仮面舞踏会にしようという多様なアイディアが交わされた。 あるフェイスブック ユーザー(名前 K**** C****)は25日「“ニセ”ベネチアンマスク(ヨーロッパの仮面舞踏会で使う華麗な仮面)が8400ウォン程度で購入可能だ。12月5日IS 仮面舞踏会」という文を載せてネチズンの間で関心を集めた。『ニュース打破』の、イ・クンヘン ディレクターもこの日、自身のフェイスブックに「今度の民衆大会は寒いのに、放水銃に撃たれながら『大統領府へ行こう』なんて言わないで、朴槿恵(パク・クネ)大統領の仮面を10万個用意して集まる方が良さそうだ」と書いた。

 覆面禁止法のために文化放送(MBC)の人気芸能番組「覆面歌王」が廃止されるのではないかと皮肉る反応もあった。 覆面禁止法を巡る論議が続いた今月19日、作家イ・ウェス氏はツイッターに「覆面禁止法が通過すれば覆面歌王も放送が終わりですか」と書き、この番組に出演している作曲家キム・ヒョンソク氏も24日、ツイッターに「覆面歌王、苦労して作った番組なのに覆面は禁止だなんて…」という文を残した。

 “密室執筆”に入った国定歴史教科書執筆陣を覆面に例えた文も呼応を得た。あるツイッターユーザー(ID @you*****)が「覆面かぶった国史編纂委は良くて、覆面かぶったデモはダメ。 どういう論理か分からないが、目に見える覆面よりもっと恐ろしいのは目に見えない覆面」と書くと、多くの人が転送し共有した。 あるインスタグラム ユーザー(ID @listen*********)は、2013年密陽(ミリャン)送電塔建設反対集会で黒い帽子をかぶって顔と首を隠した警察の写真を上げて、「覆面かぶった警察がたくさんいた。 警察もテロリストですか?」と反問した。

 集会で顔を隠した理由は「問答無用の暴力」のためではなく、「きついカプサイシン催涙液のためだ」という主張も広く知れ渡った。 セウォル号事故の犠牲者チェ・ユンミンさんの姉のチェ・ユナさんは、24日フェイスブックに「警察の不法罪証から肖像権を保護することと、カプサイシンがきつくてマスクを着けなければ咳や吐き気に耐えられないから、やむを得ずマスクを着けただけで、ISでもなく潜在的テロリストでも犯罪者でもない」として、マスクを着けた理由を明らかにした文が1500回以上も共有された。

 一方、覆面禁止法制定に対するアンケート調査でも、回答者の半数以上が“反対”意見を明らかにした。 世論調査機関リアルメーターがCBS「キム・ヒョンジョンのニュースショー」の依頼で覆面禁止法に対する賛否世論調査(標本誤差は95%信頼水準±4.4%)を行ったところ、「反対する」という意見が54.6%で最も多かった。「賛成する」という意見は40.8%で、反対が賛成を13.8%上回った。 残りの4.6%は「よく分からない」だった。

パク・スジ、ソン・ギョンファ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-11-26 19:51
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/719272.html 訳J.S(1674字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue