登録 : 2015.07.23 00:06 修正 : 2015.07.23 08:47

 『京城学校』封切りに続き『暗殺』興行
 パク・チャンウク監督の『アガシ(お嬢さん)』も下半期予定
 『尹東柱』『徳恵翁主』も製作計画中
 「混乱期のロマン+屈辱歴史」の素材多いが
 “考証”製作費高く国民感情綱渡りにあい路

上段左から『ラヂヲ デイズ』『アナーキスト』下段左から『京城学校』『暗殺』=各映画会社提供 //ハンギョレ新聞社

 光復(解放)70周年を迎えた2015年、映画界の核心キーワードはやはり“歴史”だ。特に日帝時代を背景にした映画が相次いでいる。 時が時であるだけに、観客の関心と興味を引くに十分な素材であることに加え、名将がメガホンを取り有名俳優が合流した点も大きな魅力だ。 「1920~40年代の京城、すなわち日帝強制占領期を背景にした映画は失敗する」という忠武路(チュンムロ)の昔からの俗説をこれらの映画は打破できるだろうか?

■人気監督、相次ぎ登場

 今年、日帝時代を背景にした2本の映画がすでに封切られている。 今年6月に封切られたイ・ヘヨン監督の『京城学校:消えた少女』は外部と隔絶した京城近隣のある寄宿学校の少女にまつわる話を扱ったミステリー作品だ。 22日に封切られた『暗殺』は上海と京城を背景に親日派暗殺作戦を繰り広げる独立軍の話を扱う。『タチャ(イカサマ師)』『10人の泥棒たち』のチェ・ドンフン監督とチョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウの出会いで話題を振りまいた。 180億ウォン(約19億円)の純製作費を投じて1930年代の風景をそっくり考証した舞台装置が際だった大作だ。

 パク・チャンウク監督の『アガシ(お嬢さん)』は下半期に封切り予定だ。莫大な財産を引き継ぐことになった日本の貴族のお嬢さんと、その財産を狙う伯爵、伯爵に雇われて下女として入る韓国少女を巡る話で、英国の小説『フィンガースミス』が原作だ。 キム・ミンヒ、ハ・ジョンウ、チョ・ジンウンらが出演する。 名優チェ・ミンシクを筆頭に朝鮮最後の虎を狩猟する猟師の話を描き、“韓国版ライフ・オブ・パイ”と呼ばれるパク・フンジョン監督の『大虎』も今年下半期に封切られる。

 製作中、または今年製作予定の映画も多い。 イ・ジュンイク監督は夭折した詩人であり独立活動家の尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯を描いた『東柱』、パク・フンシク監督は妓生養成所である検番で共に成長した二期生の人生を扱った『解語花』のメガホンを取った。 抗日武装団体である義烈団を素材にしたキム・ジウン監督の『密偵』、ホン・ボムド将軍と独立軍の激しい戦闘を描いたキム・ハンミン監督の『鳳梧洞(ポンオドン)戦闘』、安重根(アン・ジュングン)義士の人生を描いたヤン・ユノ監督の『ハルビン』、朝鮮最後の王女、徳恵翁主(トクヘウンジュ)の悲劇的生涯を描いたホ・ジノ監督の『徳恵翁主』も製作の便りが知らされた。

上段左から『モダンボーイ』『YMCA野球団』下段左から『大虎』製作予定映画一覧 =各映画会社提供 //ハンギョレ新聞社

■忠武路の“日帝ジンクス”

 今まで日帝強制占領期を背景にした映画のうち、興行に成功した事例は実際珍しい。 『ラヂヲデイズ』(21万人)、『モダンボーイ』(76万人)、『奇談』(67万人)、『YMCA野球団』(ソウル86万人)、『青燕』(23万人)等の事例に見るように、忠武路には「日帝強制占領期ジンクス」が存在するという話が出るほどだ。 特に製作費が大きいほどジンクスも強く作用する。 2000年に韓中合作で、当時としては巨額である20億ウォン(約2億1千万円)の製作費にチョン・ジュノ、チャン・ドンゴン、イ・ボムスなどのトップスターをキャスティングして作った『アナーキスト』は23万人の観客を動員したに過ぎない。 カン・チェギュ監督の『マイウェイ』は韓中日の合作、チャン・ドンゴン、小田切ジョー、范冰冰という超豪華キャスティングで210万人の観客を劇場に呼び入れた。 だが、280億ウォン(約30億円)の製作費を考慮すれば惨めな成績表だ。 60億ウォン(約6億5千万円)の『ワンス・アポン・ア・タイム東方の光の秘密』も156万人が入ったが、興行成功とは言いがたい。 不幸にも忠武路の俗説は今年もその威力を発揮中だ。 6月に封切りされた『京城学校』は35万人の動員に終わった。

■興行不振の理由は?

 この時期の映画が興行に失敗する理由について、専門家たちは時代背景は魅力的だが韓国民族には屈辱の歴史であるので映画化に困難が大きいためと説明する。 キム・ポンソク映画評論家は「電車が通り新しい文物を吸収した男女の自由恋愛が満開であると同時に、旧時代的封建主義が入り乱れたカオス的な時期であるため映画化する素材が無尽蔵だ」として「だが、他方では国を奪われた鬱憤、独立活動家の血に染められた歴史も存在するのに、ロマンチックにばかり描くわけにもいかない」と分析した。 キム評論家は「ロマンに集中してみるならば『ラヂヲデイズ』のように時代が小道具に転落しかねず、歴史性に集中すれば『アナーキスト』のように主題意識に押さえられてあまりに重くなりかねない」として、「両方を捉えようとすれば『モダンボーイ』のように、どっちつかずの映画になる恐れがある」と説明した。

 ともすれば国民感情を逆撫でして、“親日論争”を呼び起こす点も障害物だ。 初の女流飛行士パク・ギョンウォンの生涯を描いた映画『青燕』は出来もよく、俳優の好演も光ったが、実在の人物パク・ギョンウォンの“親日”が議論になってネチズンの観覧拒否運動も起きた。 韓日兵士の友情を描いた『マイウェイ』も親日論議を呼んだ。 このような理由で“日帝強制占領期”映画は、反日感情に訴える“愛国主義映画”で一律化されやすい。 チョン・ジウク評論家は「今までは『将軍の息子』のように反日感情を盛り込んだアクション映画や、割り切って『良い奴、悪い奴、変な奴』のように時代を脱色した映画だけが成功を収めた」として、「今年は『アガシ』『大虎』『解語花』のような多様な素材の映画が封切りされる予定であり、ジンクスも打破しつつ作品性も認められるかが注目される」と話した。

 歴史的考証が不充分で、時代を正確に復元するには途方もない費用がかかり損益分岐点を押し上げる点も問題だ。『暗殺』のキム・ソンミン プロデューサーは、「シャンデリア1個に5000万ウォン、リンカーンK等のクラシックカー購買・レンタルに4億ウォンなど、セットと衣装だけに35億ウォンを投じた」と説明した。『暗殺』は損益分岐点をクリアーするには600万人を動員しなければならない。『アガシ』は100億ウォン台の作品なのに加え、青少年観覧不可であるため製作費の回収に憂慮が早くも出ている実情だ。 チョン・ジウク評論家は「セット・小道具のレンタル日程により費用が変わるので、撮影全体がそれに引きずられることになる。主客が転倒すれば完成度は低くならざるをえない」と話した。 彼は「結局、考証を粗雑にすれば観客の無視を招き、舞台装置に精魂を込めれば製作費が沸き上がり、それなりの観客動員では損益分岐点もクリアーできなくなる」と付け加えた。

ユ・ソンヒ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力:2015-07-22 21:34
http://www.hani.co.kr/arti/culture/movie/701454.html 訳J.S(3099字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue