本文に移動

ソン作家「本屋大賞発表の瞬間、日本の書店員たちが喜ぶ姿に胸が熱くなった」

登録:2020-04-09 07:23 修正:2020-04-10 10:55
『アーモンド』の日本語版、本屋大賞翻訳小説部門で第1位 
米国のハーパーコリンズ、来月英語版を出版
作家のソン・ウォンピョン氏=「シネ21」オ・ゲオク記者//ハンギョレ新聞社

 ソン・ウォンピョンの長編小説『アーモンド』の日本語版が「2020本屋大賞」翻訳小説部門で第1位に選ばれた。

 日本の本屋大賞は2004年に書店員たちが作った賞で、インターネット書店を含む書店員たちの直接投票を通じて受賞作を選び、本屋大賞や発掘部門、翻訳小説部門の3つに分けられる。これまで『容疑者Xの献身』や『蜜蜂と遠雷』などが受賞し、翻訳小説部門は2012年から始まった。翻訳小説部門でアジアの小説が受賞作に選ばれたのは『アーモンド』が初めて。『アーモンド』は2017年に韓国で出版された時も「書店員が選んだ今年の本」に選ばれた。

 『アーモンド』は東野圭吾や恩田陸など日本の代表的な作家の小説を出版してきた「祥伝社」から矢島暁子の翻訳で昨年7月に出版され、3月末現在で約3万5千部発行されている。祥伝社が初めて出版した翻訳小説でもある。

 『アーモンド』は感情を感じない少年の特別な成長物語を描いたヤングアダルト(YA)小説で、2017年に出版された後、2020年4月現在までに韓国で40万部以上売れたベストセラーである。日本のみならず、スペインやベトナム、台湾、中国、タイなどで翻訳出版され、これまで米国やフランス、インドネシア、イスラエル、メキシコ、イタリア、ロシア、ギリシャなど15カ国による翻訳輸出契約が行われている。英語版は米国のハーパーコリンスから来月5日に出版される予定だ。

 作家のソン・ウォンピョン氏はハンギョレに「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、YouTubeの本屋大賞のライブ放送を見たが、受賞作発表の瞬間、日本の書店員さんが喜ぶ姿に胸が熱くなった」とし、「日本の書店員の皆さんの反応を実感し、深い感動を受けた。これからも頑張って書いていく」と述べた。

チェ・ジェボン、ホ・ユンヒ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/936156.html韓国語原文入力:2020-04-08 20:41
訳H.J

関連記事