登録 : 2013.01.08 08:45 修正 : 2013.01.08 10:07

専門担当チーム設けて新世界 総帥一家 高強度捜査
パク・クネ当選人 経済民主化公約・発言関連 注目

チョン・ヨンジン副会長

 新世界グループが総帥の子供が大株主であった系列会社パン屋を不当支援して特典を与えた事件に対して、検察が専門担当チームを設けて強力な捜査を行っていることが7日確認された。 検察は総帥一家の背任容疑を立証する証拠を相当部分確保して、チョン・ヨンジン(45)新世界副会長をまもなく召還調査する計画だ。 パク・クネ大統領当選者の経済民主化公約により検察が刀を抜いたと解釈され、捜査結果が注目される。

ロッテブランジェリーが運営するパン屋 ポネスペ(左側)と新世界SVNが運営するパン屋 ミルクエノニーが11日それぞれロッテマートとイーマートのソウル市内の売り場で営業している。 キム・ギョンホ記者 jijae@hani.co.kr
 新世界グループの系列会社不当支援事件を捜査中のソウル中央地検刑事6部(部長 パク・ウンジェ)は最近特殊2部から検事1名の派遣を受けて、刑事6部の検事2名と共に捜査専門担当チームを設けた。 検察が刑事部の告発事件捜査に特捜部検事を合流させるのは異例なことだ。 検察関係者は「特捜部検事の派遣を受けたのは捜査チームが強い捜査意志を持っているという意」と話した。

 検察は経済改革連帯が告発した被告発人3人の内、チェ・ビョンヨル(64)前イーマート代表(前 新世界フード社長)とホ・インチョル(53)イーマート代表(前 新世界経営戦略室長)をすでに召還調査し、チョン・ヨンジン副会長も呼んで調査する方針だ。

 新世界は2005年製パン業者である新世界SVNを設立し、イ・ミョンヒ(70)新世界グループ会長の娘でありチョン副会長の妹であるチョン・ユギョン(41)新世界副社長が40%の持分を保有した。 新世界SVNは新世界デパートとイーマートに店を開き売上を増やした。 公正取引委員会による調査の結果、新世界百貨店とイーマートは新世界SVNに対して販売手数料率を下げる方式で利益を出させた。 正常手数料を割り引いた新世界百貨店とイーマートはそれだけ会社次元での損失を被った。

 公取委は新世界グループがこのような方式で新世界SVNに計62億ウォンを不当支援した事実を確認して昨年10月是正命令と共に40億6100万ウォンの課徴金を賦課し、チョン・ユギョン副社長は持分を整理した。 経済改革連帯は公取委による調査結果を基にチョン副会長など新世界グループ役員3人を特定経済犯罪加重処罰法の背任で検察に告発し、事件は公正取引専門担当部署であるソウル中央地検刑事6部に配当された。

 検察は昨年11月29日、新世界グループ経営戦略室とイーマート本社など6ヶ所を電撃押収捜索した。 検察は押収捜索で総帥一家が系列会社不当支援に介入した情況が記録された資料を相当数確保したことが分かった。 これに対して新世界グループ側は「チョン副会長の召還通知は受け取っていない。 捜査を見守っている」と明らかにした。 キム・テギュ記者 dokbul@hani.co.kr

韓国語原文入力:2013/01/08 08:23
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/568707.html 訳J.S(1322字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue