登録 : 2013.04.17 00:13 修正 : 2013.04.17 06:58

北韓外務省、米対話提案に拒否意思 表明

北韓が米国の対話提案に対して "真の対話は核抑止力を備えた段階ではありえる" として拒否の意思を明らかにした。 韓国の対話提案に対しては "対北敵対行為を全面中止せよ" と要求した。 今後開かれる韓国・米国との対話で有利な地歩を占めようという意図と解釈される。

 北韓は16日、外務省スポークスマン談話を出し 「(米国が)対話云々することこそが世界世論を誤った方向へ導こうとする欺瞞の極限形態」として、このように主張したと<朝鮮中央通信>が報道した。

 これに先立って北韓最高司令部はこの日、韓国政府に送る‘最後通牒’で "韓国当局者が真に対話と交渉を望むならば、今まで敢行したすべての反共和国(反北韓)敵対行為に対し謝罪して全面中止するという実践的意志を示さなければならない」と主張した。

キム・キュウォン記者 che@hani.co.kr

韓国語原文入力:2013/04/16 23:48
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/583184.html 訳J.S(498字)

関連記事
  • 오피니언

multimedia

  • most viewed articles
    • hotissue